2018.9.2
田澤祐介:木の器 漆の器







・B5隅切皿 鉄黒 オイル仕上げ W25.5×D18×H1.5cm



・5寸八角皿 サクラ W15×D15×H1.5cm


朝起きてすぐ、珈琲を淹れます。
これだけは毎日のことなので最短時間で準備し、片付けもできるよう
珈琲道具一式、お盆の上に。

くり抜いた酌の部分に柄が差し込んであります。
その時、酌と柄はほんの少しだけ角度がつけられているのがお分かりいただけますでしょうか。
本体に差すとき収まりやすく、また豆もすくいやすい!

容量はコーヒー豆、約100gほど。
しばらく使っているとコーヒー豆の油分でいい艶感いい色に変わってきます。



・コーヒーキャニスターセット
W10×D8.3×H11.5cm *サクラ材

*木の器について
電子レンジ、食器洗浄機、熱湯、漂白剤など使用不可。
水などでの浸けおき洗いはお避け下さい。
手や柔らかいスポンジで優しく洗ってください。
洗った後は、すぐに水分を拭き取って乾かしてください。
木肌が白くなってきた場合はエゴマ油を布にとり、木肌に塗り、拭きあげて下さい。





・2合平片口 蒔地漆 透白
W14.5(注ぎ口を含む)×D11.5×H5.8cm 容量:8分目で280cc



・蒔地漆 丸盆 円楼型 透白 Φ31×H3.8cm
尺サイズの円楼型 丸盆。
漆を塗り、珪藻土の粉を蒔きつけることによって(蒔地漆)
丈夫な漆器になっています。
独特なテクスチャー、デザインにより用途が広がります。

漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

田澤祐介さんの作品オンラインショップはコチラ

田澤祐介
1970 神奈川県横浜市生
1989 神奈川県立清水ヶ丘高校卒業
1993 新潟大学農学部林学科卒業
1995 新潟大学大学院農学研究科林学専攻修了
   自然環境/動植物調査を行う建設コンサルタント会社に就職。
2002 岐阜県高山市の森林たくみ塾に入塾、木工を学ぶ。
2004 たくみ塾卒塾
   インテリアショップ付属の家具工房での製作業務
   中古北欧家具を扱う店での修理・接客業務に従事。
2006 神奈川県海老名市でフォレストファクトリー木工舎開設 。
2010 森想木工舎としての活動を開始。

* Instagram   →    うつわ SouSou
* Face book   →   うつわ SouSou
* HP(URL)     →   http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年09月02日 (日) | CATEGORY : 田澤祐介 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2018.8.23
早崎志保:蓮葉のグラス・輪郭のボウル・高杯

まだまだ厳しい暑さですね。台風が心配です。
夏の終わりに、早崎さんの色ガラスの作品をご紹介します。


お料理教室 アッシュモティーフ h.motifs さんではレッスンで黒胡麻プリンを♬
・蓮葉のグラス Φ9~9.5×H6.5~7cm


・輪郭の高杯 濃紫 Φ13×H10cm



・輪郭のボウル 白 Φ13.5×H10.7cm


アイスクリーム、フルーツ、スムージー・・
デザートカップとして


・輪郭の高杯 白 Φ9.5~10×H8.5~9.5cm
 
・輪郭の高杯 濃紫  Φ9.5~10×H8.5~9.5cm
早崎志保さんの作品:オンラインショップはこちら。

-お知らせ-
*安部太一 個展 
11月3日(土)-11月11日(日)予定

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年08月23日 (木) | CATEGORY : 早崎志保 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2018.8.7
稲村真耶:5,6寸のお皿、鉢

*定休日とお盆休みについて。
8/6(月)  定休日
8/13(月)-16(木) お盆休み
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*お盆休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

小さい器は可愛さ優先で選びたくなりますが
6寸前後のサイズになるとみんなそれぞれ使い勝手の基準も違ってきますよね。
自分が良く作るお料理にはどのサイズ・形が相性いいのか慎重に選ばないと。。。
そんな時にこそ!ぜひ候補にしていただきたいのが稲村真耶さんの中皿・中鉢。


釉薬の濃度や流れ具合によって生まれる味わい深い青の色調。
また全体にいきわたる貫入は奥行きをつくり、透明感が増してきます。
縁(ふち)は釉が薄くかかるので、ひらひらとした口縁とうまくマッチしていますよね。
器の右部分、片側にだけ描かれた牡丹の花。
少しデフォルメされた文様と蒼釉の組み合わせは
懐かしくもあり、新しくもある、とても印象的な作品だと思います。

なます皿とは。
見込部分が平らなのでお皿としても使え
縁はゆるやかに立ち上がっているので鉢としてもお使いいただけます。
サイズも5寸くらいのものが多く、古くから日本では愛用されてきた器型のひとつ。
おひとり分のお刺身や煮物、野菜の和え物などきちんとした印象で盛ることもできますし
お出汁をはるおでんや、具だくさんのサラダなど
「小皿、小鉢ではちょっと、、足りない」
そんな時に重宝するのがなます皿です。
和食はもちろんしっくりと合いますが、中華もぜひお試しくださいませ!

・蒼釉牡丹文なます皿 Φ15.5×H4.5cm


・蒼釉牡丹文4寸ひらひら皿 Φ13×H2.5cm


・鳥と桔梗文菱形皿 W20×D16×H2.5cm


愛らしく優しい絵付けに心和みます。おもてなしの席でも喜ばれると思いますよ。
深さもほどよく、平らな部分も多い。取り皿としてもおかずひと品でもお使いいただけます。

・鳥文輪花楕円皿 W19.5×D12.5m×H3cm


・ルリ釉八角6寸皿 Φ19×H2cm


なます鉢と同じく、お皿であり、鉢でもある形。
シンプルな白磁ですが、鎬の幅を上下で変えてあるというところなど
手がこんでいて、作り手のこだわりを感じます。
一方、繊細になりがちな木瓜(もっこ)型ですが、このほどよい厚みがあれば
安心して毎日のご飯にお使いいただけると思います。
おひとり分のお刺身や魚の西京焼きなどきちんとした印象にみせることもできますし
里芋の煮物や葉野菜の和え物などは中心にこんもりと盛っていただくと落ちつきます。


・白磁変わりモッコ皿 W19×D14×H4cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

*定休日とお盆休みについて。
8/6(月)  定休日
8/13(月)-16(木) お盆休み
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*お盆休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年08月07日 (火) | CATEGORY : 稲村真耶 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.8.5
稲村真耶:小皿と小鉢

張りつめた白磁とも違い、柔らかい表情をした稲村さんの磁器。
丈夫であり、お手持ちの陶器やガラスの器ともしっくり馴染みます。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さが魅力的な器。
本日よりオンラインショップにてご覧いただけます。

染付とルリ釉の四角小皿は同じ型を使っているのですが、、ずいぶんと違う印象になっています。



・花文四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm

 

・ルリ釉四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm




・蒼釉牡丹文4寸ひらひら皿 Φ13×H2.5cm


ほどよい深さのある楕円型。
お醤油やオイルをいれると分かるのですが
余白も生まれてきれいにおさまります。
大きめプレートにのせて使っていただいても面白そうですよ。

・白磁楕円深小皿  W12×D8.5×H2.5cm


「花が生けられた花瓶の絵」、ややマニアックな文様ではないでしょうか。
シルクロードで交易が盛んになった頃に描かれそうな、、文化が融合して生まれたような。
(勝手なイメージですが)
高台があり、平ら、そして隅切の豆皿、器としてもマニアックな要素たっぷりだと思います。
小さな干菓子や洋菓子をのせて、どうぞ。

花器文四角皿 W9×D9×H1.5cm



・月光釉五角小皿 W11×D11×H2.5cm



・月光釉4寸高台皿 Φ13×H1.5cm



・白磁桔梗皿 Φ14×H2.5cm


・花文菱形小皿 W13×D9×H2.5cm



・ルリ釉菱形小皿 W13×D9×H2.5cm 


・白磁花小鉢 Φ9.5×H5cm


・湖水釉花小鉢 Φ9.5×H5cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

*会期中、お盆休みについて。
8/6(月) 
8/13(月)-16(木)
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年08月05日 (日) | CATEGORY : 稲村真耶 お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.7.26
青山幸雄:ビアカップ・タンブラー・お皿


銅板の縁を叩き、ほんの少し立ち上げることで、扱いやすくなっています。
お料理やトレー、菓子器にどうぞ。
平面に鎚目で凹凸を作り、黒漆を塗る。さらに研磨したあと、透明の漆で仕上げる。
わずかな凹凸の部分が漆でひきたち、この独特の質感となるのだそうです。
(裏側を見ると、仕事のあとがみてとれます↓)

・鎚目黒漆長四方皿



こちらは鎚目を施していません。
粘性のある黒漆を塗ったあと、薄い銀箔を張っていくのですが
その時、よりがでたり、縮れができたりし、ひとつひとつに偶発的な模様が生まれます。
仕上げには、やや飴色がかった透明の漆を塗ってありますので、お料理を盛るときも安心感がありますよ。
銅・銀箔・漆、これらの異素材が織りなす独特の色みとテクスチャーをお楽しみいただければ、幸いです。
・黒漆銀箔四方皿
 




やや小ぶりな、手のひらサイズの小皿。
こちらは粗く凹凸(鎚目)をのこしたあと、仕上げに透明の漆を薄く塗ることで平坦な銅板が豊かな表情に。
グラスや染付の蕎麦猪口も似合います。
菓子皿、おつまみ皿にもなります。


・角小皿
 

これほど猛暑が続くと、キンキンに冷えたビールでしょう!
今年は新作の八角型ビアカップも届いております。

陶磁器でもガラスでもない、そして銅だから、ということをちょっと超えた特別なビアカップ。
金属特有の口当たりが苦手な方でも、仕上げに漆を塗ってありますので飲み物のお味を損ないません。

冷たいグラスのまわりでは温度も下がり、まわりの空気(水蒸気)も冷やします。
そうすると徐々に表面では水滴が浮かんできますよね。
それを見るだけで人は「冷たい!」ということを触らなくても感じることができるのです。

その演出を見ながらビアカップを手に持つと、さらに驚きの冷たさ。
熱伝導率が高い銅ならでは、なのです。
「見る・触る・飲む」
その行為すべてが脳を刺激して、冷たい飲み物を最高に冷たく感じさせてくれるビアカップです。
ビールだけでなく、冷した麦茶もお水もこれでぜひ飲んでみてくださいませ。
気持ちいいですよ!


*黄色


*青緑


*白
・鎚目ビアカップ


*赤/青緑/白/緑/黒


*ともに黒  シンプル極まるのもよし、エッジが効いているのもよし。


 *青緑/緑


*緑


*青緑


*白
・八角ビアカップ


*黄色


*赤/青緑/緑/黄
・凸線ビアカップ


・黒漆銀箔タンブラー

 
・赤漆銀箔タンブラー 

*青山幸雄さんの作品オンラインショップはこちらから。

* Instagram   →    うつわ SouSou
* Face book   →   うつわ SouSou
* HP(URL)     →   http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年07月26日 (木) | CATEGORY : 青山幸雄 2017年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)