トップ > イベント/お知らせ

イベント/お知らせ

Saburo x 星耕硝子 ガラスの器展          2012年4月28日(土)~5月13日(日)

s1.jpg

再生ガラスのとろりとした質感。

モザイク画のような色ガラス。

レトロ・モダン・・・

様々なイメージを連想させるガラス展です。

-出展作家-

サブロウ(富山県)   星耕硝子(秋田)

Color 展  2012年3月24日(土)~4月8日(日)

dm_omote1.jpg

 赤 ・ 黄 ・ ブルー ・ グリーン ・ ピンク・・・

 色が特徴的な作家による企画展です。

 焼物という枠の中で表現しうる様々な Color をお楽しみくださいませ。

 ―参加作家―

 ・大沼道行(岩手)

 ・庄司千晶(栃木)

 ・杉尾信康(宮崎)

 ・三浦千穂(愛知)

 ・山野辺彩(栃木)

 *3月23日(金) 4月2日(月) はお休みとなります。

 

杉浦 綾 陶展  2012年2月25日(土)~3月4日(日)

dm_omote w.jpg

 

手びねりによる優しい形と独創的な文様を大胆に配した染付。

春が待ち遠しい、この季節にピッタリの器展です。

どうぞお楽しみに。

2月25日(土)・26日(日) 作家在店

2月24日(金) 準備の為、お休み

 

杉浦綾 陶歴

1972年 新潟県新潟市生まれ

愛媛県立松山東高等学校卒業

東京造形大学 デザイン科卒業

愛知県立瀬戸窯業高校専攻科卒業

2001年 愛媛県砥部町にて開窯

 
dm_omote web2.jpg
dm_omote weba.jpg

オクリモノ展 2011年12月3日(土)~25日(日)

1111_dm_omotew.jpg

「箱を開けると・・・なんともうれしくなる」

大切な人に、自分へのご褒美に

今年も素敵なハンドメイドのオクリモノ集めてみました。

*期間中のお休み

12月2日(金)準備の為、休み。 12月12日・19日の月曜日は定休日。

参加作家

・パート・ド・ヴェール(ガラス) 竹中悠紀(鳥取) 

・革作品        qan:savi(松山) 

・キャンドル         nuri(京都)

・陶器            阿部誠(茨城) / 鈴木進(静岡) / 野村亜矢(愛知)

・花器・オブジェ      高田かえ(静岡) / LIVING STONE(京都)

・布小物        ヤンマ産業(東京)

・バッグ         Freak made(松山)

・ポチ袋         美濃和紙(岐阜)

 

 

田鶴濱 守人 / 余宮 隆 二人展         2011年10月29日(土)~11月6日(日)

1110_dm_omote w.jpg

二人の作家から感じるものは

例えば「剛健」、例えば「実直」。

器を使ってみるとその懐の深さに惚れ惚れしてしまう。

土と釉薬・・・

無限の可能性に対し

常に模索し続ける姿勢も頼もしい。

器、酒器、花器・・約300点の二人展となります。

会期中無休  *10月28日(金) 準備の為、お休み

 

田鶴濱 守人(愛知県・常滑)

多摩美術大学 大学院 油絵学科 卒業。

常滑に移り独学で陶芸を志し現在に至る。

 

余宮 隆 (熊本県・天草)

19歳で唐津の隆太窯より陶芸の修行を始める。中里隆氏に師事。

24歳帰郷天草丸尾焼で修行。

30歳天草本町に工房と窯を築く。

現在個展を中心に活動中。

余宮隆HP→朝虹窯 

 

 

 

 

 

石岡信之 「カタチ」の器 展                 2011年9月17日(土)~10月2日(日)

1108_dm_omote.jpgw.jpg

 
石膏型から丁寧に作りだされる様々な器の「カタチ」。

お料理を盛ってみるとそこには美しい「余白」が生まれます。

一方、ろくろ挽きによって作られるカップ、ポット、花器は

ひとつひとつ細かに細工が施されニュアンスの違いを楽しむことができます。

 

柔らかな白と、どこか詩的な雰囲気をもつ空色(淡青釉)の器をメインに

生活陶器、約700点制作していただきます。

 

*9月17日(土曜日) 石岡信之さん在店

*9月16日(金曜日)、26日(月曜日) SouSouお休み

 

 

 

 

SouSou夏展 2011年7月16日(土)~8月14日(日)

1106_dm_omote.jpgw.jpg

真夏の陽射しをほんの少し・・・

和らげてくれそうな小物と器。

五感に響く「涼」の作品展です。

ガラスの器/新田佳子(東京) 早崎志保(愛知) 星耕硝子(秋田)

陶器の花入/清岡幸道(滋賀)

金属/中村智美(群馬)

 

ガラス、ステンレス、鉄、土・・・

様々な素材・技法で制作されている作家さん。

手仕事への想いや過程もお伝えできればと思っています。

*15日(金)準備の為、お店お休み

 

サブロウ ガラスの器展  2011年6月11日(土)~26日(日)

1105_dm_omote.jpg2.jpg

白色に真っ赤に熟したトマト。

黒色に淡い緑の空豆。

水色に濃い黄色のトウモロコシ。

夏に旬を迎える食材の鮮やかさと

ニュアンスのある和色のガラス。

そこには色に色を重ねていく面白さがあります。

 

「サブロウさんのガラスはまだなの? 個展はあるの?」

この季節になるとお客様からよく問い合わせをいただきます。

SouSouで夏をお知らせする、サブロウさんの個展

今年も開催いたします。

*6月11日(土) サブロウさん在店

*6月10日(金)、20日(月) SouSou お休み

SouSou 10th anniversary 順延いたします        大沼道行 伊藤丈浩 能登朝奈 長谷川潤子

1103_dm_omote.jpgw.jpg

*北関東・東北地方にて巨大な地震が発生いたしました。

助けを求めている地域へ、何より早く救援の手が広がる事を願うばかりです。

その影響を考慮し、3月19日(土)より予定しておりましたイベントの開催を

暫く順延させていただきます。 

今回作品を出展していただく予定だった作家さんの多くが

被災地である北関東・東北地方に住んでいらっしゃいます。

*昨日、岩手の大沼道行さん、福島の能登朝奈さん、栃木の伊藤丈浩さんと

安否の確認をすることができました。

電気がストップしている状況なので、テレビ等で報じられている様々な事象が

被災地では把握できず、みなさんお互いに他の地域の方々の事を心配されています。

私達も何かできることを考えようと思います。

 

 この10年間お客様からの温かいお言葉に支えられ、励まされてきました。

ずっと見守ってくださった皆様に心より感謝いたします。

これからの10年も心に響く作品をお届けできるよう

私達も成長したいと思っております。

-参加作家-

・伊藤丈浩(栃木)・能登朝奈(福島)

・長谷川潤子(岐阜)・大沼道行(岩手)

スリップウェアの伊藤さん、パートドヴェールの能登さん

白磁の長谷川さん、ドットや織部の大沼さん

多彩な展覧会になると思います。

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

遠藤文香著 「毎日のうつわ」 

O0340051211027439423

愛媛・松山出身のフードスタイリスト遠藤文香さんのうつわのコーディネートの本

「毎日のうつわ」が日本文芸社より出版されました。

東京で活躍されている遠藤さんには帰省の際、SouSouにご来店いただいたことが

ご縁となり、今回作品提供に協力させていただく事となりました。

そして、遂に出版!!

「毎日のうつわ」には、うつわの基本的な知識からコーディネート、扱い方、

お料理のレシピものっていて・・・盛りだくさんの内容となっています。

石岡信之さん、大沼道行さん、中田正隆さん、野村亜矢さん、谷井直人さん・・・

SouSouでおなじみの作家さん達のうつわがたくさん登場しています。

(近々、本に掲載された器などもご紹介したいと思います。)

SouSou店内に本を置いていますので皆様どうぞご覧になってみてくださいませ。

そういえば・・・お客様のお友達の娘さんが遠藤さんだった!!ということが

この本を通じて判明しました。

人と人とのつながりを感じずにはいられない出来事に、とても嬉しくなります。

 

・「毎日のうつわ」  1,365円   遠藤文香著 :日本文芸社

*うつわSouSouの店頭でも販売しています。

 その他、松山ではジュンク堂さんで販売しています。

 

・遠藤文香

1979年愛媛県生まれ。津田塾大学英文学科卒業。

2007年、エコールエミーズ プロフェッショナルコースに入学、

2008年6月、ディプロマを取得。同年秋よりフードスタイリストとして

雑誌やウェブサイトでのレシピ提供やフードスタイリング、パーティーイベントの

調理などを中心に活動を始める。

スタイリング担当本は 「笠原将弘のかんたん和ごはん」

「笠原将弘 和食屋のおかず汁101」(小学館) ほか。

食べた時に、おいしくてちょっと驚きのある家庭料理と

心あたたまるテーブルスタイリングで

おもてなしするのが大好き。

・遠藤文香ブログ

毎日をもっと美味しく・・・日々できること。

フードスタイリストの特別な毎日

 

前の10件を表示  1  2  3  4  5  6  7  8