トップ > イベント/お知らせ > 2016年イベント情報

イベント/お知らせ

オクリモノ展                       2016年12月3日(土)-25日(日)

 

 

              ??????????????????

okurimono_b5_ura

手仕事から生まれる様々なモノ。

大切な人へ 自分自身へ・・・

素敵なオクリモノ探しに来てください。

-参加作家‐

・鈴木進 (陶/静岡)

洗練されたフォルムに、小さな部分までつくりこむ繊細さ。

見た目とは対照的に、器に触れてみると芯まで焼けた安定感があります。

美の意識と焼物としての高度な技術、両方揃わなければ

この素敵な作品は生まれないのかもしれません。

 

・qan:savi (革/愛媛)

上質な天然革を素材に、裁断から縫製まで手作業で作られる作品。

バッグ、お財布、小物など。

美しい手縫いのあとがとても丁寧な仕事を物語っています。

男性への贈り物に革財布おススメです。

丈夫で、長年使い込むとさらに風合いも愛着も増してくることでしょう。

(*カメラストラップをお探しの方は、取り付け方が機種によって違いますので、ぜひお持ちのカメラをご持参くださいませ。)

 

・谷井直人 (陶/滋賀)

焼き物の町、信楽(しがらき)で生まれ、育った作り手。遊楽窯としての家業と並行して続けられている「作家としての作品」が今回届きます。特に銀彩は鮮やかな輝きからどんどん変化していく様が面白い。風合いも色味もまったく異なってきますので、育てる楽しみも味わってみてくださいませ。

 

・Awabi ware (陶/兵庫)

受け継ぐ器をコンセプトにした日用食器。

寒いこの季節には身も心もあったかくなれそうなオーブンウェアもおすすめです。

江戸後期から明治期に栄えた、珉平焼(淡路島)の制作スタイルに学びながら

世代を受け継いで使い続けられる器を制作されています。

 

・Nuri (キャンドル/福岡)

絵本の世界のように、優しい色であふれたキャンドル。

作り手は福岡で活動されている福間乃梨子さん。

オリジナルブレンドのアロマの香りと火を灯して照らされる特別な空間。

「心地よい時間」のプレゼント、いかがでしょうか。

 

・高田かえ (陶/静岡)

エッジのきいたライン、面につながっていくようなカーブ。

何からインスピレーションを受けたのか、モチーフは何なのか。

届けられる花器作品を見ながら、いつも内側にあるものを探りたくなります。

ドキッと心に響くものに出会ったら、ぜひ「自分へのオクリモノ」に!! 

 

       

杉浦 綾 個展                      2016年9月17日(土)-25日(日) 

 

 

 

 

 

 

 

dm_omote

時間を忘れるほど集中し
呉須の青で描きこむ祥瑞。
軽やかにリズムよく描かれるのは
オリジナリティあふれる文様。
 
両極端なベクトルの作品を制作することは
多大ななエネルギーを必要とする一方、作り手の力量を感じさせます。
今個展では意欲的な新作もたくさん出展予定です。
緩急ある作品を見比べながらご覧いただくのも一興かと思います。
*9月17日(土)・19日(月) 作家在廊 
  会期中無休  9月16日(金) 準備の為、お休み
 
杉浦 綾 x 和食 みよし ≪料理の装 (よそお)い≫  
9月19日(月) 限定企画 
会場:うつわSouSou PM 14:00 ~
 
旬の食材を最高に美味しくいただける和食の名店「みよし」さん。
ご主人自らの目で器を選び、料理をよそっていだきます。
デモンストレーションの間には「家庭料理をよそうコツ」なども
教えていただきます。
すべてが即興、1日限りのライブお楽しみくださいませ。
和食 みよし → http://hitosara.com/0005034072/

 

ナツ ウツワ                       2016年7月16日(土)-8月7日(日) 

 

????????

沖縄より、金城有美子さんの陶器。
秋田より、星耕硝子さんのガラス。
その他
lino e lina のリネンキッチンクロス
白木のトレーなど
夏仕様のテーブル小物も届きます。
*7/15(金) ・ 7/19(火) ・ 7/25(月) ・ 8/1(月) はお休み

早崎 志保 ガラス展                  2016年6月11日(土)-19日(日)

dm_omote_web

陶芸家との打ち合わせのため、岐阜県を訪れた時のこと。

陶磁器研究所で偶然目にしたのが、早崎志保さんの作品でした。

 

模様も色も無いシンプルなそのグラスは

「揺れる水面が一瞬、静止したかのような不思議な魅力にあふれていました。

 

SouSouはオープンしたばかり、早崎さんもまだガラス工房にお勤めしながら作家活動を始めた頃。

 

時を同じくしてスタートしたこともあり、「制作をする」「お客様にお届けする」という

お互いの立場で素直に作品についての意見を交わしてきました。

 

あれから14年。

毎年、夏の始まりには早崎さんのガラスが並ぶことが恒例のようになっています。

 

今回は個展としての作品もたくさん届く予定です。

定番のてんてん星・水の輪郭・格子シリーズともに

お楽しみいただければ幸いです。

*会期中無休

*作家在廊日 6月11日(土)

*6月10日(金) 準備の為、お休み

 

matière                         2016年4月23日(土)ー 5月8日(日)

dm_omote

matière

4月23日(土)- 5月8日(日)

陶器とガラス、うつわと花入。

3人の女性作家が生み出すそれぞれのマチエール。

matière()

1. 材料。素材。材質。

2. 絵画の絵肌、彫刻の質感など 素材・材質によって作りだされる美術的効果

参加作家

・東恩納美架(沖縄)陶器

・新田佳子(大阪)ガラス

・野村亜矢(愛知)陶器

おなじみの新田さん、野村さんにSouSou初登場の東恩納さん。

素材感あふれる作り手の感性をご覧くださいませ。

※毎週月曜日:定休日 

※4月22日(金)準備の為お休み

余宮 隆 陶展                      2016年1月30日(土)-2月7日(日)

1601_dm_omotew

熊本は天草、余宮さんの工房を訪ねた。

山間にある築100年を超える古民家。

裏手にはロクロ場があり、窯がある。

敷地内の露地には陶片が敷き詰められ

所々に苔むした壺やオブジェが配されている。

シンと静まった空気も心地よい。

庭の隅にある古井戸から水をひいている。

土を練るには、井戸水がいいらしい。

工房内では薪ストーブが焚かれていた。

その灰も釉薬の一部となる。

窯の脇に積みあげられた薪は、まる二日間燃やされ続ける。

焦げた窯口に炎の勢いを感じた。

工房をあとにし、ご両親が切り盛りする居酒屋でご馳走をいただく。

「余宮隆」の器で供される天草の海の幸、地鶏に日本酒。

ここで1杯やりながら思うことは、やはり焼き物のことだろう。

 

すべては「焼き物作り」へとつながっている。

 

*会期中無休

*作家在廊日 1月30日(土)・31日(日)

*1月29日(金) 準備の為、お休み