トップ > イベント/お知らせ

イベント/お知らせ

オクリモノ展 2017年12月2日(土)-24日(日)

オクリモノ展  12月2日(土)-24日(日)  *月曜日:休店日 
          12月1日(金):準備の為、お休み
 

陶、漆器、革、帆布BAG、キャンドル
手仕事から生まれる様々なモノ
大切な人へ、自分自身へ・・・
素敵なオクリモノ探しに来てください。


・稲村真耶 (磁器/滋賀)

磁器土に少し陶土を加えると、石の跡や鉄点、古物のような色合いがあらわれ、柔らかな印象に感じます。
手持ちの器ともしっくり馴染みやすく、磁器特有の丈夫さもあります。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さも魅力的。


・小関康子 (陶/愛知)

象嵌や線刻という精緻な技術が要求される装飾に独自のモダンなフォルム。
多くの時間をかけて生まれる作品はどの角度から見ても美しい。


・蜂谷隆之 (漆器:栃木)
漆器を使うと、背筋を少しピンとさせたくなります。堅苦しいわけではありません。
漆という素材と端正な形が自然とそうさせてくれるのだと思います。
そして、今回は普段なかなかお目にかかれない重箱も予定しています。
内側に錫を蒔いた、黒とシルバーのコントラストが美しいお重。和洋どちらにもどうぞ。


・Freak made. (帆布&革BAG/愛媛)
帆布 x Leather + FreakでBAGを中心に製作。*Freak:気まぐれ、反して熱狂者という意味。
日々変わる趣味嗜好など楽しく気ままに表現していきたいという思いを込めて。


・Nuri (キャンドル/福岡)
福岡生まれの福間乃梨子さん。
自然から受けるインスピレーションを蝋燭に込めるように制作するキャンドル作家。
オリジナルブレンドのアロマの香りと火を灯して照らされる特別な空間。
「心地よい時間」のプレゼント、いかがでしょうか。
「6種のワックスとエッセンシャルオイルで作るハンドメイドキャンドル」(文化出版局)
「鉱物キャンドルのつくりかた」(辰巳出版)
など著書多数。


・qan:savi (革/愛媛)
愛媛/松山在住 稲井浩志
イタリアンレザー(BADALASSI CARLO)を素材にBAG、財布など
蠟引きの麻糸を用い、全て手縫いで制作。
それは機械で作られたのかと見間違うほどの美しい仕上がりです。
機能性も併せもつ上質な使い心地をお楽しみくださいませ。

その他にも、野村亜矢さん、角掛政志さんの土鍋が色々届きます。
この機会にご覧になって下さいませ。

伊藤 丈浩 陶展 2017年10月21日(土)-29(日)

会期中無休

作家在廊 10月21日(土)・22日(日)  20日(金)は準備の為、お休み

泥漿で描く線と線が複雑に交わり混じり

まるで複雑な「織物」のように見えるもの。

コントラストの効いた大柄が連続することで

テキスタイルのように見えるもの。

ヴィンテージのスタイルを継承しつつ

古来のスリップウェアとは違う独自のパターン。

現代のインテリアに馴染むスリップウェア

どうぞご覧になってくださいませ。


伊藤丈浩

1977年 千葉県銚子市生まれ

21才の時から陶芸を始める。その後、栃木県益子町の製陶所に勤務

2002年 渡米して陶芸家を訪ね旅をする。

帰国後、約1年かけて日本の窯業産地を見て回る。

2006年 栃木県益子町にて独立

2008年 デンマーク、スウェーデンでのワークショップに参加

現在 国内外で個展、ワークショップなどを中心に活動中

-スリップウェア-
17世紀のイギリスで発展。

スリップと呼ばれる泥漿(水と粘土を適度な濃度に混ぜたもの)を器体に掛け

さらにこの上に違う色の泥漿をスポイトで垂らしたり

筆で文様を描いたりした陶器。

 

*個展会期中は、誠に申し訳ございませんが

 ご来店いただいたお客様を優先させていただきます。

   出展作品のご注文・ご予約

   出展作品の種類、在庫点数の確認 など

   メール・お電話でのお問い合わせはお受けできません。

*通信販売をご希望のお客様には、会期終了後に対応させていただきます。

 

 

cool 2017年7月15日(土)-8月13日(日)

Design , Texture , Material・・

限りなく削ぎ落とされたシンプルなデザイン、独特なテクスチャー、

涼しさを届けてくれる銅器、ガラス。

cool な作品をご覧になって下さいませ。

- 参加作家 -

青山幸雄 銅工 (愛媛)

大中和典 陶芸 (山口)

都築   明 陶芸 (長崎)

中園晋作 陶芸 (栃木)

能登朝奈 ガラス(福島)


*7月17日(月)11時~
  YAMATOYA BAKE. さんの自家製パンと焼き菓子の販売

    金繕い“imai”さん 器の金継ぎ 受付

*休店日 7 月 14 (金) ・18 (火) ・24 (月) ・31 (月)

              8 月 7 (月) ・14 (月) ・15 (火) ・16 (水)

大沼道行展 2017年4月1日(土)-9日(日)

 

 

dm_omote_Rr

隅切り・オーバル・八角・・。
高台の絶妙な高さ、縁の丁寧な仕上げ、大らかな見込みの取り方。
そのすべて、くるめて大沼さんらしいカタチ。
「誰も気づかないかもしれないけど。いろんなところ、少しずつ変えてるんだよね。」
定番と言われる器も、常に生まれ代わりを繰り返している。
今回、益子の修行時代に焼いていた藁灰・緑釉の器も届く予定。
「一巡して、、また作ってみたくなったんだよ。」
それは誰にもわからない、作り手だけの領域。
どうぞ、ご覧になってくださいませ。

*4月1日(土)・2日(日):作家在廊  

営業時間 AM:11:00-PM 7:00
3月31日:準備の為、営業 お休み

*4月2日(日)午後1時~ 

 YAMATOYA BAKE. 自家製パン を販売します。
 合わせて沼サンの試食もお楽しみください。

*個展会期中は、誠に申し訳ございませんが

 ご来店いただいたお客様を優先させていただきます。
 ・出展作品のご注文・ご予約
 ・出展作品の種類、在庫点数の確認 など
 メール・お電話でのお問い合わせはお受けできません。
*通信販売をご希望のお客様には、会期終了後に
 対応させていただきます。

石岡 信之 陶展 2017/2/25(土)-3/5(日)

石岡 信之 陶展 
2017年2月25日(土)-3月5日(日) 
*会期中無休

硬さのある白磁とも、柔らかさのある粉引ともまた違う「白」。
淡青・枯黒・黄桃というオリジナル性の高い色味。
丸皿に小鉢、カップ。
器として定番の形であっても使って最初に感じるのは
尖り過ぎず、優し過ぎずの心地よさ。
この不思議なバランスによって
いろんな器が並ぶ食卓の中でも埋もれることなく
きらりとした存在感を放ちます。

営業時間 AM:11:00-PM 7:00
*2月25日(土) 石岡信之さん 在店
  24日(金)は準備の為、お休み。

*個展会期中は、誠に申し訳ございませんが
 ご来店いただいたお客様を優先させていただきます。 
・出展作品のご注文・ご予約
・出展されている器の種類、在庫点数の確認 など
 メール・お電話でのお問い合わせはお受けできません。

*通信販売をご希望のお客様には、会期終了後に
 対応させていただきます。
 

オクリモノ展                       2016年12月3日(土)-25日(日)

 

 

              ??????????????????

okurimono_b5_ura

手仕事から生まれる様々なモノ。

大切な人へ 自分自身へ・・・

素敵なオクリモノ探しに来てください。

-参加作家‐

・鈴木進 (陶/静岡)

洗練されたフォルムに、小さな部分までつくりこむ繊細さ。

見た目とは対照的に、器に触れてみると芯まで焼けた安定感があります。

美の意識と焼物としての高度な技術、両方揃わなければ

この素敵な作品は生まれないのかもしれません。

 

・qan:savi (革/愛媛)

上質な天然革を素材に、裁断から縫製まで手作業で作られる作品。

バッグ、お財布、小物など。

美しい手縫いのあとがとても丁寧な仕事を物語っています。

男性への贈り物に革財布おススメです。

丈夫で、長年使い込むとさらに風合いも愛着も増してくることでしょう。

(*カメラストラップをお探しの方は、取り付け方が機種によって違いますので、ぜひお持ちのカメラをご持参くださいませ。)

 

・谷井直人 (陶/滋賀)

焼き物の町、信楽(しがらき)で生まれ、育った作り手。遊楽窯としての家業と並行して続けられている「作家としての作品」が今回届きます。特に銀彩は鮮やかな輝きからどんどん変化していく様が面白い。風合いも色味もまったく異なってきますので、育てる楽しみも味わってみてくださいませ。

 

・Awabi ware (陶/兵庫)

受け継ぐ器をコンセプトにした日用食器。

寒いこの季節には身も心もあったかくなれそうなオーブンウェアもおすすめです。

江戸後期から明治期に栄えた、珉平焼(淡路島)の制作スタイルに学びながら

世代を受け継いで使い続けられる器を制作されています。

 

・Nuri (キャンドル/福岡)

絵本の世界のように、優しい色であふれたキャンドル。

作り手は福岡で活動されている福間乃梨子さん。

オリジナルブレンドのアロマの香りと火を灯して照らされる特別な空間。

「心地よい時間」のプレゼント、いかがでしょうか。

 

・高田かえ (陶/静岡)

エッジのきいたライン、面につながっていくようなカーブ。

何からインスピレーションを受けたのか、モチーフは何なのか。

届けられる花器作品を見ながら、いつも内側にあるものを探りたくなります。

ドキッと心に響くものに出会ったら、ぜひ「自分へのオクリモノ」に!! 

 

       

楠田 純子 陶展                     2016年11月19日(土)-27日(日)

 

?????????????

生成り、空色、からし、きみしぐれ、、、。
ニュアンスのある色に香ばしい表情をもつ無地の器。
一瞬にして心をつかまれるクロスやドットの墨絵の器。
 
楠田さんの作品には、一般的に焼き物云々で用いられる
既存の「渋さ」とは少し異なるものがあると思います。
言葉にしづらいですが、しいて言うと
「芯の強さをもちつつ、ほんのり甘い。」
 
このオリジナリティの基となるものは
工房の一角にある膨大な数のテストピース。
長年かけて蓄積してきたレシピや勘のようなものが
ある時、ふっと幸運の化学変化を起こすのだそうです。
 
でも、そこで終わりではありません。
最後はお料理を盛って、笑顔になれるかどうか。
 
使うというより、器とつきあう という言葉の方がしっくりとくるのは
「お料理を美味しく食べるための器を作りたい。」
そんな純粋な気持ちにあふれているからなのかもしれません。
 
*11月19日(土) 作家在廊 ・ 会期中無休
 18日(金)は準備の為、休み。
*りんご文の作品について
 個展に足をお運びいただいた多くのお客様になるべくお届けできるよう・・・
 りんご文の作品につきましては
  おひとり様:2点までのご購入とさせていただきます。
 どうか、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
*個展 初日:19日(土)の整理券配布などは、まだ確定しておりません。
 当日の様子に応じてご対応させていただきます。 
 決定事項は随時ご報告させていただきます。
*個展会期中は、誠に申し訳ございませんが
  ご来店いただいたお客様を優先させていただきます。 
 ・出展作品のご注文・ご予約
 ・出展されている器の種類、在庫点数の確認 など
 メール・お電話でのお問い合わせはお受けできません。
*通信販売をご希望のお客様には、会期終了後
  11月29日(火) 午後8時より メールにて、受付開始とさせていただきます。 
 ・ご希望される(作品名)・(点数)・(金額)

お客様の(お名前)・(ご住所)・(お電話番号)

をご記載いただき、下記メールアドレスまでご連絡くださいませ。

お名前・ご連絡先のご記載がない場合は作品のお取り置きの確約ができません。

どうか、その旨ご注意くださいませ。

オンラインショップのカート機能はございませんので在庫切れになっている場合もございます。

ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

 

杉浦 綾 個展                      2016年9月17日(土)-25日(日) 

 

 

 

 

 

 

 

dm_omote

時間を忘れるほど集中し
呉須の青で描きこむ祥瑞。
軽やかにリズムよく描かれるのは
オリジナリティあふれる文様。
 
両極端なベクトルの作品を制作することは
多大ななエネルギーを必要とする一方、作り手の力量を感じさせます。
今個展では意欲的な新作もたくさん出展予定です。
緩急ある作品を見比べながらご覧いただくのも一興かと思います。
*9月17日(土)・19日(月) 作家在廊 
  会期中無休  9月16日(金) 準備の為、お休み
 
杉浦 綾 x 和食 みよし ≪料理の装 (よそお)い≫  
9月19日(月) 限定企画 
会場:うつわSouSou PM 14:00 ~
 
旬の食材を最高に美味しくいただける和食の名店「みよし」さん。
ご主人自らの目で器を選び、料理をよそっていだきます。
デモンストレーションの間には「家庭料理をよそうコツ」なども
教えていただきます。
すべてが即興、1日限りのライブお楽しみくださいませ。
和食 みよし → http://hitosara.com/0005034072/

 

ナツ ウツワ                       2016年7月16日(土)-8月7日(日) 

 

????????

沖縄より、金城有美子さんの陶器。
秋田より、星耕硝子さんのガラス。
その他
lino e lina のリネンキッチンクロス
白木のトレーなど
夏仕様のテーブル小物も届きます。
*7/15(金) ・ 7/19(火) ・ 7/25(月) ・ 8/1(月) はお休み

早崎 志保 ガラス展                  2016年6月11日(土)-19日(日)

dm_omote_web

陶芸家との打ち合わせのため、岐阜県を訪れた時のこと。

陶磁器研究所で偶然目にしたのが、早崎志保さんの作品でした。

 

模様も色も無いシンプルなそのグラスは

「揺れる水面が一瞬、静止したかのような不思議な魅力にあふれていました。

 

SouSouはオープンしたばかり、早崎さんもまだガラス工房にお勤めしながら作家活動を始めた頃。

 

時を同じくしてスタートしたこともあり、「制作をする」「お客様にお届けする」という

お互いの立場で素直に作品についての意見を交わしてきました。

 

あれから14年。

毎年、夏の始まりには早崎さんのガラスが並ぶことが恒例のようになっています。

 

今回は個展としての作品もたくさん届く予定です。

定番のてんてん星・水の輪郭・格子シリーズともに

お楽しみいただければ幸いです。

*会期中無休

*作家在廊日 6月11日(土)

*6月10日(金) 準備の為、お休み

 

1  2  3  4  5  6  7  8