Donghee KIM

2019.12.28
dongheekim:ガラス作品

NEWSInstagram うつわ SouSou

色ガラスを繋ぎ重ね、組み上げ、宙吹きにて成形。
韓国の伝統手工芸ポジャギ(パッチワーク)を連想させる
柔らかさや温もりを感じるガラスのアートピース。
フュージングとロールアップ、ふたつの技法を用いて制作されています。

*制作について
粉状の色ガラスや棒状のガラスを並べ、様々な種類の板ガラスを作ります。
それらを切って並べ、再度加熱し、吹きガラスの竿に巻き付けます。
1か所、縦にラインが入っているのは板状のガラスを丸め、貼り合わている部分。
筒状になったガラスの先を閉じた後、宙吹きにより成形します。

この数行では説明しきれない数々の工程。
手間を惜しまず、長い時間かけ完成にいたった作品からは
深く熱い作り手の想いが伝わってきます。



        




*抹茶×白ボーダー×グレー
 


*レモンイエロー×白×水色



Donghee KIM / 金東希
1989 韓国晶原市生まれ
2013 第二回そば猪口アート公募展 優秀賞
2014 神戸芸術工科大学 卒業
武蔵野美術大学大学院 入学
第53回日本クラフト展 入選
2016 武蔵野美術大学大学院 卒業
富山ガラス工房 所属
2018 第57回日本クラフト展「U35賞」

12月28日(土曜日) 21時頃より、Donghee KIMさんの作品、オンラインショップにアップいたします。
作品一覧ページ内:左欄→作家名から探す→
Donghee KIM よりご覧になってください。

Donghee KIM 作品オンラインショップ

12月28日 21時頃になりますと、作品がアップされます。

それまでは掲載されておりません。

 

うつわSouSou | 2019年12月28日 (土) | CATEGORY : Donghee KIM お料理道具 お知らせ 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2019.12.18
Donghee KIM / 金東希 フュージング ガラス

NEWSInstagram うつわ SouSou

今年3月に富山のガラス工房で出会ったキムドンヒさん。
韓国の美大在学中
お父さまの転勤をきっかけに日本で語学を学び、日本の美大へ進学されました。
韓国のポジャギを思わせる色合わせでフュージング ガラスを制作されています。


粉状の色ガラスや棒状のガラスを並べて
様々な板ガラスを作ったあと、
それらを切って並べて再度加熱して吹きガラスの竿に巻き付けます。
筒状になったガラスの先を閉じて、そこから吹いて成形します。
フュージングとロールアップ、ふたつの技法が用いられています。

 
 



朝の光、夕暮れ時、部屋の灯り・・
光によって表情を変えるのがガラスの魅力でもあります。
想いのままに色を紡いだガラスには柔らかさや温もり、奥行を感じます。
 

POPな長皿に鯛の昆布締め。テーブルがグッと華やかになります。
 
 
上手くいかなかった切れ端はオリーブオイルとハーブで和えました。

 

 

Donghee KIM / 金東希
1989 韓国晶原市生まれ
2013 第二回そば猪口アート公募展 優秀賞 
2014 神戸芸術工科大学 卒業
    武蔵野美術大学大学院 入学
    第53回日本クラフト展 入選
2016 武蔵野美術大学大学院 卒業
    富山ガラス工房 所属
2018 第57回日本クラフト展「U35賞」

 
ドンヒさんのガラス オンラインショップはもう少しお待ちくださいませ。
    

 

 
うつわSouSou | 2019年12月18日 (水) | CATEGORY : Donghee KIM お料理を盛って 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)