蜂谷隆之

2019.12.20
蜂谷隆之:漆 /錫蒔きの長角重

NEWSInstagram うつわ SouSou

お重箱、使われていますか?
実家以外では、なかなか見られなくなったのがお重かもしれません。
私自身「お正月に使うハレの道具」という印象で、その時以外はしまっておくものと思っていました。
お節料理を盛った時の華やかさとはまた違う、器としての魅力を同時に併せ持っているのが
蜂谷隆之さんの長角型のお重です。


まだまだ、お重に詰めていく作業も慣れていないので小さなぐい呑みや豆鉢をいろいろ使っています。
こんなふうに試行錯誤しながら少しずつコツをつかみ、ある時ふと!新たな使い方を発見して嬉しくなる。
そういう出会いが、このお重を使う楽しみのひとつにもなっています。




隙間があっても、錫のシルバーのおかげで違和感がありません。



お重のサイズに合わせて切った葉ランやクッキングシートで仕切りを作ります。
形が崩れにくいものから盛ると良いらしいのですが
頭で想像しているより、実際はもっともっと難しく・・・。
それでも少しずつ箱の中が埋まっていくと、次第にテンションも高まり、完成が待ち遠しくなります。

 
鍋料理にも◎


鮮やかなサンドイッチ、おにぎり等もギュギュと詰めればカジュアルな装いになります。
お正月の前、クリスマスにはローストビーフを野菜と一緒に盛るのも素敵ですね。


お呼ばれしてお料理を持ち寄るという機会があったのでその時のことをお話ししたいと思います。
まず。蓋があるので持ち運びが便利。
さらに。「蓋を開ける」という動作が何やらとても特別感を醸し出してくれます。
一番いいなと感じたのは、お重がそのまま華やかな器として使えるということ。
丸いお皿や鉢、長皿、角皿、角鉢、いろんな器が並ぶなか、長方形の箱がある食卓は変化がついて面白い。
これはやはり蜂谷さんならでは!
最後に。伺ったおうちで盛り付けしなくてもいいし、帰りもそのままさらっと持って帰れます。
 



・長角二段重  黒/あずき 各W31×D18×H15cm
(*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)


・長角三段重 黒 W31×D18×H22cm
(*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)


木地にあすなろの木を使い制作。
地の粉(焼成珪藻土)を漆に混ぜて作られるマットで硬質なテクスチャ。
少し離れた場所から眺めてみると、モダンな近代建築のように見えます。


「屋根のひさしもちゃんとあって、家の形になっているんです。」
蜂谷さんに伺ってみると、やはり「建物」からデザインされたのだそうです。
蓋の上面は五角に面がとられ、見る角度によって様々な陰影を作ります。
お重として蓋をしている時は、シックで慎ましやかな印象。
ですが、蓋を開けてみると。。。
深みのあるマットな黒とシルバーの絶妙なコントラストに
驚かれることでしょう!!



刷毛のあとが少しのこるほどに漆を塗った後、錫を蒔き
さらに漆を塗り重ねていくことで生まれる表情豊かな銀色。
和洋を問わず、どうぞお楽しみくださいませ。

漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
 油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。
・保管される時は、直射日光があたらないところに置いてください。

シンプルなデザインで上質な漆器を制作されています。
「お料理を盛る、洗う、拭きあげる。」
これを繰り返すうち、漆独特の透明感のある艶が増してきます。
ゆっくりと年月をかけて育っていく器は
やがて宝物のような存在になっていることでしょう。

蜂谷隆之
1970年 神奈川県横浜市生まれ
1993年 輪島 瀬戸国勝氏に師事・宮口一男氏に師事
2003年 千葉県栄町にて独立
2006年 栃木県益子に移住
2018年 静岡県河津町に移住

12月21日(土曜日) 午前9時より、蜂谷隆之さんの作品、オンラインショップにアップいたします。
作品一覧ページ内:左欄→作家名から探す→蜂谷隆之 よりご覧になってください。↓
・蜂谷隆之

12月21日 午前9時になりますと、作品がアップされます。

それまでは掲載されておりません。

 

うつわSouSou | 2019年12月20日 (金) | CATEGORY : 蜂谷隆之 お料理を盛って 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2019.11.22
Noël 2019年12月7日(土)-24日(火)

NEWSInstagram うつわ SouSou

Noël [ ノエル ] 12月7日(土)-24日(火)
美味しくて楽しい時間に寄り添う器
ギフトに喜ばれるハンドクラフト
手仕事の優しさで暖かな冬をお過ごしください。
*12月の店休日
12月6日(金曜日) /9日/16日/23日(月曜日
参加作家に加え、「SouSou select」もお楽しみくださいませ。

 
Kim Donghee:ガラス
色ガラスを繋ぎ重ね、組み上げ、宙吹きにて成形。柔らかさや温もりを感じる
韓国のポジャギを連想させる柔らかさや温もりを感じるガラス作品。


qan:savi:皮革
毎年届くのを楽しみにしてくださるリピーターさんも多くなってきました。
皆さまがお持ちのバッグやお財布のエイジングを
見させていただくのも楽しみです。
一針一針、丁寧に手縫いされたバッグ・財布・小物作品の数々
ご覧になってくださいませ。


蜂谷隆之:漆器
アンティークを彷彿とさせる古色塗、和洋に調和する錫巻、
形が素敵な筒鉢にてっぱつ。
今の暮らしにすっと馴染むモダンなデザインの漆器。
店主が愛用している長角重も二段と三段が届きます。


内山直人:金工/アクセサリー
足し過ぎでもなく、引き過ぎでもない形。
そのシンプルさが、数mmの線や面自体の美しさを
よりいっそう際立たせていると思います。
身に着けた時の“圧”の無さが、とても心地よいアクセサリー。
ギフトにもどうぞ。


Freak made. :帆布とLEATHERのポーチ、エプロンなど
自然なレザーの形からイメーをふくらませたポーチ、折り曲げるだけ帆布袋、
コットンリネンのエプロンなど今年もFreak(気まぐれ)全開の作品が届きます。


◇YAMATOYABAKE.
◇12/15(日)~  オリジナル シュトレン販売 ギフトにもどうぞ。
◇12/22(日)限定 パンと焼き菓子 + スペシャルデリの販売

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz  

うつわSouSou | 2019年11月22日 (金) | CATEGORY : 蜂谷隆之 Freak made. qan:savi 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2017.12.15
蜂谷隆之:漆と錫の長角お重


木地に科の木を使い制作。
地の粉(焼成珪藻土)を漆に混ぜて作られる硬質なテクスチャ。
少し離れた場所から眺めてみると、モダンな近代建築のように見えます。
「屋根のひさしもちゃんとあって、家の形になっているんです。」
蜂谷さんに伺ってみると、やはり「建物」からデザインされたのだそうです。
蓋の上面は五角に面がとられ、見る角度によって様々な陰影を作ります。
お重として蓋をしている時は、シックで慎ましやかな印象。
ですが、蓋を開けてみると。。。
深みのあるマットな朱とシルバーの絶妙なコントラストに
驚かれることでしょう!!
刷毛のあとが少しのこるほどに漆を塗った後、錫を蒔き
さらに漆を塗り重ねていくことで生まれる表情豊かな銀色。
和洋を問わず、どうぞお楽しみくださいませ。
・長角三段重 朱 
W31×D18×H22cm(*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)

 


・長角二段重 朱
W31×D18×H15cm (*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)

*長角2段重と3段重朱 /蓋裏部分と内側部分 錫とのコントラストが美しい↓

お正月のお節。

まだまだ、お重に詰めていく作業も慣れていないので、小さなぐい呑みや豆鉢をいろいろ使っています。
こんなふうに試行錯誤しながら、少しずつコツをつかみ
ある時ふと!新たな使い方を発見して嬉しくなる。
そういう出会いが、このお重を使う楽しみのひとつにもなっています。



お重のサイズに合わせて切った葉ランで仕切りを作ります。
形が崩れにくいものから盛ると良いらしいのですが、、、
頭で想像しているより、実際はもっともっと難しい。
それでも、ちょっとずつ箱の中が埋まっていくと、たまらなくワクワクしてきます。


鍋料理にも活躍。


鮮やかなサンドイッチ・おにぎり等もギュギュと詰めれば、カジュアルな装いになります。
お正月の前、クリスマスにはローストビーフを野菜と一緒に盛るのも素敵だと思いますよ。


 

長角2段重と3段重黒 /蓋裏部分と内側部分の錫の色↑



・長角三段重 黒
W31×D18×H22cm(*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)



・長角二段重 黒 
W31×D18×H15cm (*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)

蜂谷隆之
シンプルなデザインで上質な漆器を制作されています。
「お料理を盛る、洗う、拭きあげる。」
これを繰り返すうち、漆独特の透明感のある艶が増してきます。
ゆっくりと年月をかけて育っていく器は
やがて宝物のような存在になっていることでしょう。
1970年 神奈川県横浜市生まれ
1993年 輪島 瀬戸国勝氏に師事
       宮口一男氏に師事
2003年 千葉県栄町にて独立
2006年 栃木県益子に移住

蜂谷さんの漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
 油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

*蜂谷隆之さんの器 Onlin shop はコチラ

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

 

うつわSouSou | 2017年12月15日 (金) | CATEGORY : 蜂谷隆之 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2017.12.15
蜂谷隆之:漆の高台皿


普段の生活ではなかなか見られない高尚な形ともいえますが。。。
でもそこに魅力があると思っています。

いいおつまみもある。
いいお酒もある。
あとは美味しくこの時間を愉しみましょう。
そんな時にこういう小物があると、ぐんと盛り上がるわけです。
シャンパンには生チョコを。
ワインには風味あるチーズを。
日本酒にはカラスミ大根を。

・高台皿 朱 ¥8,000 (taxin ¥8,640) Φ13.5×H4.8cm

 


海苔と明太子、チーズともろみ、辛子きゅうり、、、
簡単なものほど、意外に似合うと思いますよ。


・高台皿 黒 ¥8,000 (taxin ¥8,640) Φ13.5×H4.8cm

蜂谷さんの漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
 油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

*蜂谷隆之さんの器 Onlin shop はコチラ

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2017年12月15日 (金) | CATEGORY : 蜂谷隆之 未分類TRACKBACKS : (0)

2017.12.15
蜂谷隆之:2段丸重とお花見弁当


木目をのこしながら、錫を蒔いた丸いお重。
シャープな佇まいに漆器の新しい魅力を感じます。

お正月だけでなく、もっと使える場面を!との願いで作られたもの。
1段ずつ、ドラ鉢として。
また蓋をして菓子鉢に。
ドラ鉢1段ずつを一人用の器に見立てることもできます。
たとえば、ちらし寿司や鰻重。
冷たいお蕎麦やうどんもとても似合いますよ。
ひとり分のランチをお弁当のように詰めておくのも素敵です。

・二段丸重箱 錫 ¥26,000 (taxin ¥28,080) Φ16×H12.5cm(1段分:5.3cm)
〈ドラ鉢のみ ¥9,000(taxin ¥9,720)/1点  Φ16×H5.3cm〉


こちらは木目をいかした木地呂。
染付との相性もぴったりです。

・二段丸重箱 木地呂  ¥26,000 (taxin ¥28,080)   Φ16×H12.5cm(1段分:5.3cm)
〈ドラ鉢のみ ¥9,000(taxin ¥9,720)/1点 Φ16×H5.3cm〉


まずは蓋の布貼部分にご注目くださいませ!
本来は角や縁の強度を増す為の技法ですが
デザイン性をもたせることで、とてもモダンな印象に仕上がっています。
蓋を開けるまで何が入っているのか分からない。
その「ワクワクする期待感」という蓋物最大の特徴は
誰かをおもてなししたい時に存分に発揮されることでしょう。
なので。
お花見弁当と名付けられていますが
お花見以外、お正月にもどうぞ。
洋風のオードブルやお茶菓子でのおもてなしなど
シーンに合わせて面白い演出考えてみてくださいませ。

隅々までとても丁寧なつくりとなっております。

・花見弁当箱 朱 ¥60,000 (taxin ¥64,800) W22×D12×H11.3cm (1段分:5cm)


・花見弁当箱 黒 ¥60,000 (taxin ¥64,800) W22×D12×H11.3cm (1段分:5cm)

蜂谷隆之
シンプルなデザインで上質な漆器を制作されています。
「お料理を盛る、洗う、拭きあげる。」
これを繰り返すうち、漆独特の透明感のある艶が増してきます。
ゆっくりと年月をかけて育っていく器は
やがて宝物のような存在になっていることでしょう。
1970年 神奈川県横浜市生まれ
1993年 輪島 瀬戸国勝氏に師事
       宮口一男氏に師事
2003年 千葉県栄町にて独立
2006年 栃木県益子に移住

蜂谷さんの漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
 油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

*蜂谷隆之さんの器 Onlin shop はコチラ

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2017年12月15日 (金) | CATEGORY : 蜂谷隆之TRACKBACKS : (0)
1 / 212