稲村真耶

2019.1.16
稲村真耶 白磁・染付・ルリ釉のうつわ

おでんやお出汁多めの煮物などにぴったり。
見た目が地味な!?おかずも、瑠璃色とこの艶感で華やかになります。
見込も広くとられているので、ひとり分のお刺身などものせることができます。
5.5寸。ありそうで、、なかなか見つからないサイズ感と形でもあります。

・ルリ釉2段シノギ5.5寸鉢 Φ17.8×H6cm

磁器土にほんの少し陶土を加えることで、青みを帯びてきます。
さらに、陶土に含まれる小さな石のあとや鉄点もあらわれます。
張りつめた白磁とも違う、柔らかい表情をした稲村さんの磁器。
丈夫であり、お手持ちの陶器やガラスの器ともしっくり馴染みます。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さが魅力的です。

・桃と鳥文四角皿 W22×D22×H3.3cm

縁起の良い「福」文字をうつしとった小皿。
白磁なので、シミも気にしなくて大丈夫です。
お醤油やオイル類、薬味にもどうぞ。

・白磁福字文角豆皿 W9.5×D9.5×H2.5cm


・花文四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm


・白磁印刻菊文6.5寸鉢 Φ20.5×H5.5cm

お米が大好きなのですが
その上にご飯のお供をのせていただくのはもっと大好物です。
写真は「からすみと豆ごはん」
さらさらっとお茶漬にもどうぞ。
たっぷり食べたい男性用の飯碗にも良いサイズかと思います。

・ルリ釉小丼 Φ15×H6.5cm


・ルリ釉輪花4寸鉢 Φ12.5×H5.5cm

隅切の長皿。
まずはお料理やお菓子を、並べてみてください。
それだけで十分素敵にみせてくれる器です。
旬の頃には、秋刀魚皿にどうぞ。

・ルリ釉長々皿 W33×D10.8×H2.5cm

フランスの古い前菜皿をモチーフに作られた楕円皿。
形の面白いお皿が1枚あるとテーブルのアクセントになります。
エスカベッシュ、カットした苺とキウイ、小さなケーキにも。

・白磁楕円深皿 W20.5×D12.5×H3.5c

見込にひとつ、柏葉文。
極めてシンプルな蕎麦猪口です。
色柄様々な文様、もしくはまったくの無地、土肌を楽しむ陶器
そのようなものを日々見ているからでしょうか、、
見れば見るほど新鮮にうつり、ほほう~と惹かれていくのが分かりました。
お茶をいれるとほんのり透かして文様が見え、にんまりしています。

・柏葉文蕎麦猪口 Φ8×H6cm
*容量8分目で約110cc


・月光釉ミルクピッチャー W10×D6.5×H6cm
*容量8分目で約80cc

型で作る干菓子の落雁にも似た箸置。
こんなに小さな作品にも、稲村さんらしさが満載されています。
お箸をのせた時、上品に見せてくれます。

・のし文箸置き W6.5×D1.5×H1.3cm


・白磁箸置き W6.5×D1.5×H1.3cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

うつわSouSou | 2019年01月16日 (水) | CATEGORY : 稲村真耶 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2018.8.7
稲村真耶:5,6寸のお皿、鉢

*定休日とお盆休みについて。
8/6(月)  定休日
8/13(月)-16(木) お盆休み
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*お盆休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

小さい器は可愛さ優先で選びたくなりますが
6寸前後のサイズになるとみんなそれぞれ使い勝手の基準も違ってきますよね。
自分が良く作るお料理にはどのサイズ・形が相性いいのか慎重に選ばないと。。。
そんな時にこそ!ぜひ候補にしていただきたいのが稲村真耶さんの中皿・中鉢。


釉薬の濃度や流れ具合によって生まれる味わい深い青の色調。
また全体にいきわたる貫入は奥行きをつくり、透明感が増してきます。
縁(ふち)は釉が薄くかかるので、ひらひらとした口縁とうまくマッチしていますよね。
器の右部分、片側にだけ描かれた牡丹の花。
少しデフォルメされた文様と蒼釉の組み合わせは
懐かしくもあり、新しくもある、とても印象的な作品だと思います。

なます皿とは。
見込部分が平らなのでお皿としても使え
縁はゆるやかに立ち上がっているので鉢としてもお使いいただけます。
サイズも5寸くらいのものが多く、古くから日本では愛用されてきた器型のひとつ。
おひとり分のお刺身や煮物、野菜の和え物などきちんとした印象で盛ることもできますし
お出汁をはるおでんや、具だくさんのサラダなど
「小皿、小鉢ではちょっと、、足りない」
そんな時に重宝するのがなます皿です。
和食はもちろんしっくりと合いますが、中華もぜひお試しくださいませ!

・蒼釉牡丹文なます皿 Φ15.5×H4.5cm


・蒼釉牡丹文4寸ひらひら皿 Φ13×H2.5cm


・鳥と桔梗文菱形皿 W20×D16×H2.5cm


愛らしく優しい絵付けに心和みます。おもてなしの席でも喜ばれると思いますよ。
深さもほどよく、平らな部分も多い。取り皿としてもおかずひと品でもお使いいただけます。

・鳥文輪花楕円皿 W19.5×D12.5m×H3cm


・ルリ釉八角6寸皿 Φ19×H2cm


なます鉢と同じく、お皿であり、鉢でもある形。
シンプルな白磁ですが、鎬の幅を上下で変えてあるというところなど
手がこんでいて、作り手のこだわりを感じます。
一方、繊細になりがちな木瓜(もっこ)型ですが、このほどよい厚みがあれば
安心して毎日のご飯にお使いいただけると思います。
おひとり分のお刺身や魚の西京焼きなどきちんとした印象にみせることもできますし
里芋の煮物や葉野菜の和え物などは中心にこんもりと盛っていただくと落ちつきます。


・白磁変わりモッコ皿 W19×D14×H4cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

*定休日とお盆休みについて。
8/6(月)  定休日
8/13(月)-16(木) お盆休み
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*お盆休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年08月07日 (火) | CATEGORY : 稲村真耶 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.8.5
稲村真耶:小皿と小鉢

張りつめた白磁とも違い、柔らかい表情をした稲村さんの磁器。
丈夫であり、お手持ちの陶器やガラスの器ともしっくり馴染みます。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さが魅力的な器。
本日よりオンラインショップにてご覧いただけます。

染付とルリ釉の四角小皿は同じ型を使っているのですが、、ずいぶんと違う印象になっています。



・花文四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm

 

・ルリ釉四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm




・蒼釉牡丹文4寸ひらひら皿 Φ13×H2.5cm


ほどよい深さのある楕円型。
お醤油やオイルをいれると分かるのですが
余白も生まれてきれいにおさまります。
大きめプレートにのせて使っていただいても面白そうですよ。

・白磁楕円深小皿  W12×D8.5×H2.5cm


「花が生けられた花瓶の絵」、ややマニアックな文様ではないでしょうか。
シルクロードで交易が盛んになった頃に描かれそうな、、文化が融合して生まれたような。
(勝手なイメージですが)
高台があり、平ら、そして隅切の豆皿、器としてもマニアックな要素たっぷりだと思います。
小さな干菓子や洋菓子をのせて、どうぞ。

花器文四角皿 W9×D9×H1.5cm



・月光釉五角小皿 W11×D11×H2.5cm



・月光釉4寸高台皿 Φ13×H1.5cm



・白磁桔梗皿 Φ14×H2.5cm


・花文菱形小皿 W13×D9×H2.5cm



・ルリ釉菱形小皿 W13×D9×H2.5cm 


・白磁花小鉢 Φ9.5×H5cm


・湖水釉花小鉢 Φ9.5×H5cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

*会期中、お盆休みについて。
8/6(月) 
8/13(月)-16(木)
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年08月05日 (日) | CATEGORY : 稲村真耶 お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.7.21
「夏 器」 開催中です


企画展が始まったのは7月14日・・・1週間が経ちました。
連日の猛暑の中、足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございます。
暑さのせいでしょうか、初日の店内写真を撮ることをすっかり忘れてしまっていました。
少しずつ、、作品のご紹介をさせていただきます。


稲村真耶さんの文句のでようが無い!?可愛さのポット。 
鳥の形をしたつまみに目を奪われますが、そのうち呉須とは違う青色が使われていることに気づきます。
染付の凛とした佇まいに少し柔らかさが加味された、そんな印象です。


見込にひとつ、柏葉文。
極めてシンプルな蕎麦猪口です。
色柄様々な文様、もしくはまったくの無地、土肌を楽しむ陶器、そのようなものを日々見ているからでしょうか、、
見れば見るほど新鮮にうつり、ほほう~と惹かれていくのが分かりました。

ひとつ自分用に。 
お茶をいれるとほんのり透かして文様が見え、にんまりしています。

この蕎麦猪口に合わせているのは、青山幸雄さんの銅小皿。
菓子皿にしてもよし、茶托にしてもよし。素材は銅ですが、漆をかけているので錆の心配もありません。
稲村さんの器とも相性抜群!


こちらは、星耕硝子さんの八角瓶一輪差。 


花唐草5寸皿と輪花脚付デザートカップの青。


輪花モール小皿と印刻蓮弁文湯呑。
稲村真耶さんと星耕硝子さんの器を合わせると、、上品でどこか懐かしさを覚えるセットになります。

 
蓮弁つながり、、蓮の花。

 
写真左:青山幸雄さんの新作、18cm角の四方皿。 鎚目に漆/黒漆に銀箔。
写真右:亀井紀子さんの流青豆小鉢とそば猪口カップ。


月光釉と名付けられた、稲村さんの灰釉のうつわ。美しく貫入が入っています。



「夏器」 展 開催中です。  ~ 8 / 12 まで

*会期中の休店日、お盆休み は下記となります。
7/17(火)・23(月)・30(月)
8/6(月)
8/13(月)-16(木)
*営業時間: AM 11:00 → PM 7:00

ご来店お待ちいたしております。

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年07月21日 (土) | CATEGORY : 青山幸雄 稲村真耶 亀井紀子 星耕硝子  2017年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.7.12
夏器 7.14~8.12

この度の豪雨災害、被害にあわれた皆様の1日も早い平穏を願っています。
暑い夏がはじまりました。
復旧作業をされていらっしゃる皆さまもどうか十分お気を付けくださいませ。

少し落ち着いてきたので
被害はなかっただろうと思われていたところへも連絡してみたら
みんな少しだけれど何らかの影響がでているようでした。
この数日間、あまりに被害が大きい地域の映像を見ていたからでしょうか、、
こんな状況なんだから、自分のところは、自分達でなんとかせんと。
と頑張っていた人がとても多いことも分かりました。
暗い気分に引きずられていては、なんのいいことも起こりません。
まずは、自分達がしっかりしなくては。
友人、知人、身近にいるスタッフ、そんな思いでみんなキビキビしています。
できることに限りはありますが、まずは気持ちから!!


企画展おお知らせ
「夏器」
*7月14日(土)-8月12日(日)
*明日13日(金)は準備の為、休みとなります。
湖水釉・染付。
銅と漆を組み合わせたカップ。
脚付きのグラスにガラスの小鉢。
夏の涼しげな器、集めました。

・青山幸雄 銅
・稲村真耶 磁器 
・星耕硝子 硝子

*会期中、お盆休みについて。
7/17(火)・23(月)・30(月)
8/6(月)
8/13(月)-16(木)

*営業時間: AM 11:00 → PM 7:00
ご来店お待ちいたしております。

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年07月12日 (木) | CATEGORY : 青山幸雄 稲村真耶 星耕硝子  2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)
1 / 3123