お料理道具

2019.12.28
dongheekim:ガラス作品

NEWSInstagram うつわ SouSou

色ガラスを繋ぎ重ね、組み上げ、宙吹きにて成形。
韓国の伝統手工芸ポジャギ(パッチワーク)を連想させる
柔らかさや温もりを感じるガラスのアートピース。
フュージングとロールアップ、ふたつの技法を用いて制作されています。

*制作について
粉状の色ガラスや棒状のガラスを並べ、様々な種類の板ガラスを作ります。
それらを切って並べ、再度加熱し、吹きガラスの竿に巻き付けます。
1か所、縦にラインが入っているのは板状のガラスを丸め、貼り合わている部分。
筒状になったガラスの先を閉じた後、宙吹きにより成形します。

この数行では説明しきれない数々の工程。
手間を惜しまず、長い時間かけ完成にいたった作品からは
深く熱い作り手の想いが伝わってきます。



        




*抹茶×白ボーダー×グレー
 


*レモンイエロー×白×水色



Donghee KIM / 金東希
1989 韓国晶原市生まれ
2013 第二回そば猪口アート公募展 優秀賞
2014 神戸芸術工科大学 卒業
武蔵野美術大学大学院 入学
第53回日本クラフト展 入選
2016 武蔵野美術大学大学院 卒業
富山ガラス工房 所属
2018 第57回日本クラフト展「U35賞」

12月28日(土曜日) 21時頃より、Donghee KIMさんの作品、オンラインショップにアップいたします。
作品一覧ページ内:左欄→作家名から探す→
Donghee KIM よりご覧になってください。

Donghee KIM 作品オンラインショップ

12月28日 21時頃になりますと、作品がアップされます。

それまでは掲載されておりません。

 

うつわSouSou | 2019年12月28日 (土) | CATEGORY : Donghee KIM お料理道具 お知らせ 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.12.24
野村亜矢:土鍋



・オーバル土鍋21B 2~3人用
本体 32×22.8×H9.5cm *蓋をした時の高さ:16cm
内径 22.5×19.3×H7cm *容量:満水で約2000cc

轆轤も型も使わず、土のヒモを繰り返し
つなぎあわせて、かたち作られる土鍋。
通常この技法で鍋を作ると、ずっしりと重くなりがちですが
丁寧な削りを何度も重ねて仕上げていますので
見た目ほどの重量を感じさせません。
内側には緩やかなカーブがつくられ、食べる時も洗う時も扱いやすく
底部分はやや厚めになっていますので、安心感もあります。

そして。
ちょっと特別扱いしたくなるのがオーバルという形。
鶏の水炊きや寄せ鍋などの定番料理の他
ポトフやトマト煮込みなど洋風の鍋料理も抜群に似合います。
さらに扱いに慣れてくるとおすすめなのが、土鍋ご飯。
白米や雑穀米、炊き込みご飯など
食卓でよそってみてくださいませ。
この土鍋につやっつやっのご飯、何よりもご馳走ですから!

土鍋は通常の金属鍋より厚みがあるため
加熱する時はゆっくりと温まっていきます。
ぐつぐつし過ぎない温度でゆっくりと食材に火が通ることで
うまみ成分もしっかり引き出すことができるのです。
なので、調理鍋としても優秀。
我が家では鶏飯や茹で鶏、茹で豚などにも使っています。

土鍋の特徴である高い保温性のおかげで
一度温度が上がると、熱が逃げにくくなっています。 
なので時間をきっちりはかり、火を止めます。
そうすることで火の通り具合も絶妙!スープも濁りません。
茹でたあとにできる極上スープは、次の日の麺料理に。
これまた格別!



・オーバル土鍋21A  2~3人用
本体 32.5×23.5×H9cm  *蓋をした時の高さ:16cm
内径 23×19.8×H7cm     *容量:満水で約2000cc
 


・オーバル土鍋23D  2~4人用
本体 34×24×H10.3cm *蓋をした時の高さ:17cm
内径 23.8×20.8×H8cm *容量:満水で約2600cc



・オーバル土鍋23A  2~4人用
本体 34.8×24.5×H10.5cm *蓋をした時の高さ:16.8cm
内径 24×20.5×H8cm   *容量:満水で約2600cc

*土鍋23と土鍋21のサイズ差。

*野村亜矢さんの作品オンラインショップはこちらからどうぞ。

* Instagram  → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年12月24日 (月) | CATEGORY : 野村亜矢 お料理を盛って お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.9.15
角掛政志:注ぐ器。耐火土瓶・ポット・醤油差し


古くから窯業地として知られている愛知県常滑市。
港から続く昔ながらの細い道路の奥に角掛さんの工房はあります。


伺ったのは4月。春ですか、まだ少し肌寒さも残る頃で
工房内ではストーブがたかれていました。
「ま、こちらへどうぞ」とおっしゃられて、作業場にあるテーブルにつくと
目の前にとんと置かれたのがこちら。
え、これは? 

ストーブにかけられていたのは、この大きな土瓶だったようです。
トクトクと注がれる姿もおおらかで、見ていても温かな気持ちにさせてくれます。
何より、、土瓶で煎じられたお茶のまろやかなこと!! 
一目、ひと口で!土瓶好きになってしまいました。


昔から常滑で製造されていた急須に土瓶。
角掛さんの手に掛かるとこんなにもモダンなデザインに。
取手の金属部分も木製部分もすべて角掛さんのお手製です。

・耐火土瓶A W20(注ぎ口を含む)×D16×H14cm (取っ手を含む高さ:22.5cm)
*容量:8分目で約660cc



・耐火土瓶B W20(注ぎ口を含む)×D16×H14cm (取っ手を含む高さ:22.5cm)
*容量:8分目で約660cc


我が家では角掛さんのポット、ふたつ愛用中です。
ひとつは珈琲を淹れるために、もうひとつは緑茶やほうじ茶用に。

茶漉しの穴もかさつくことなく、丁寧に作られていますので茶葉がひっかからず、とても洗いやすくなっています。
さらに蓋にも使い手に優しい工夫が。
蓋の下部分、本体と合わさるところは長めに作ってあるので、注ぐ時にしっかりと安定させることができます。
そしてもうひとつ大事なこと。
毎回届けられるポット、定番ではあるのですが、少しーずつ形が違っています。
蓋につまみがあったり、なかったり。丸みを帯びていたり、シュッとした印象だったり。

けれど基本的なところは全部共通しています。
「細部までこだわりがあり、水キレもよく、形も美しい。」
それが、角掛政志さんの作るテッパンのポット。

今回ご覧いただいて「これだ!」と思われた方は是非どうぞ。
・鉄釉ポット 大 W18(注ぎ口と取っ手を含む)×D12.5×H11.5cm
*容量:8分目で約670cc ほど(写真右)
・鉄釉ポット小 W15.5(注ぎ口と取っ手を含む)×D11×H10cm
*容量:8分目で約430cc ほど(写真左)


・艶黒釉醤油さしA 容量:8分目で70cc
醤油さし:W7.8(注ぎ口を含む)×D5.8×H8cm
受け皿:Φ9×H1cm


・艶黒釉醤油さしB 容量:8分目で70cc
醤油さし:W7.5~8.5(注ぎ口を含む) × D5.5~6 × H8.5cm
受け皿:Φ8.5×H1~1.5cm

角掛政志さんオンラインショップはコチラ

*お知らせ
9月30日(日)11:00 より!!
福岡で制作されているnuriさんのキャンドルを販売いたします!
いつもは12月でしたが、、今回はちょっと早めに届けてくださいます。
前回、手に入れられなかった皆さま、どうぞこの機会をお見逃しなく!!
秋の夜に心地よい香りと優しい灯りで癒されてくださいませ。


さらに同時開催イベントとして YAMATOYA BAKE.さんの
天然酵母のパンと焼き菓子も販売決定!
こちらも9月30日(日)11:00スタート。

* Instagram   →    うつわ SouSou
* Face book   →   うつわ SouSou
* HP(URL)     →   http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年09月15日 (土) | CATEGORY : 角掛政志 お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.8.5
稲村真耶:小皿と小鉢

張りつめた白磁とも違い、柔らかい表情をした稲村さんの磁器。
丈夫であり、お手持ちの陶器やガラスの器ともしっくり馴染みます。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さが魅力的な器。
本日よりオンラインショップにてご覧いただけます。

染付とルリ釉の四角小皿は同じ型を使っているのですが、、ずいぶんと違う印象になっています。



・花文四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm

 

・ルリ釉四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm




・蒼釉牡丹文4寸ひらひら皿 Φ13×H2.5cm


ほどよい深さのある楕円型。
お醤油やオイルをいれると分かるのですが
余白も生まれてきれいにおさまります。
大きめプレートにのせて使っていただいても面白そうですよ。

・白磁楕円深小皿  W12×D8.5×H2.5cm


「花が生けられた花瓶の絵」、ややマニアックな文様ではないでしょうか。
シルクロードで交易が盛んになった頃に描かれそうな、、文化が融合して生まれたような。
(勝手なイメージですが)
高台があり、平ら、そして隅切の豆皿、器としてもマニアックな要素たっぷりだと思います。
小さな干菓子や洋菓子をのせて、どうぞ。

花器文四角皿 W9×D9×H1.5cm



・月光釉五角小皿 W11×D11×H2.5cm



・月光釉4寸高台皿 Φ13×H1.5cm



・白磁桔梗皿 Φ14×H2.5cm


・花文菱形小皿 W13×D9×H2.5cm



・ルリ釉菱形小皿 W13×D9×H2.5cm 


・白磁花小鉢 Φ9.5×H5cm


・湖水釉花小鉢 Φ9.5×H5cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

*会期中、お盆休みについて。
8/6(月) 
8/13(月)-16(木)
休み期間中、メール・お電話でのお問い合わせをお受けすることができません。
ご了承くださいませ。

*休み期間中にいただいたご注文等についてはご返信・発送業務ともに
 8月17日(金)以降となりますこと、どうかご了承くださいませ。
 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年08月05日 (日) | CATEGORY : 稲村真耶 お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.7.7
谷井直人さんの器が届きました。



・白×シルバー マグ  約Φ10×H8cm 取手を含む最大幅:12.5cm


・黒×シルバーマグ  約 Φ10×H7.8cm 取手を含む最大幅:12cm


・シルバーマグ  約 Φ9.5×H7.8cm 取手を含む最大幅:12cm


・銀彩ボウル   約 Φ10×h8cm





・白×シルバーボウル  約 Φ12.8×h8cm

谷井直人さんの作品オンラインショップはこちらからどうぞ。

☆企画展開催のお知らせ 
「夏器」
2018年7月14日(土)-8月12日(日)

湖水釉・染付。
銅と漆を組み合わせたカップ。
脚付きのグラスにガラスの小鉢。
夏を楽しむ涼しげな器、届きます。

・青山幸雄 銅
・稲村真耶 磁器 
・星耕硝子 硝子

*会期中、お盆休みについて。
7/13(金)・17(火)・23(月)・30(月)
8/6(月)
8/13(月)-16(木)

*営業時間: AM 11:00 → PM 7:00

 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年07月07日 (土) | CATEGORY : 谷井直人 お料理道具TRACKBACKS : (0)
1 / 212