お料理を盛って

2018.1.14
光藤佐:粉引の鉢

 
多くの作家が手掛ける粉引のうつわ。
粘土の素地の上に白化粧土を施した器で
作り手によって様々な表情があり、作家の個性が表れているともいえます。
けれど、光藤さんの作品を初めて見た時、「粉引」という言葉は意識すらしませんでした。
粉引・灰釉・焼締、、そんな焼き物のくくりよりも
目の前にある器そのものに圧倒的に惹かれていったのを覚えています。


品がよく、手にした印象も上質。
それでいて、様々なお料理をちゃんと受け入れてくれる優しい雰囲気。
なんといっても光藤さん、プロの料理人さんと一緒に料理を作られていたほどの腕をお持ちなのですから
お料理ばえも使い勝手も抜群に良いです。


一から作家さんが作っている器というものについてそんなに詳しくご存知ないお客様も!!
「これ、素敵!」そんなふうにおっしゃってくださいます。
言葉でも知識でもなく、、ちゃんと大事なところを受けとめてくださった瞬間のようで
何より嬉しい時でもあります。


春菊と蒸し鶏と揚げニンニクのサラダ。粉引たわみ鉢Mサイズに。


お豆腐や和え物、煮物。1人分のお刺身も盛れる器です。

・粉引たわみ鉢S ¥3,000 W15.5×D13.5×H6cm



・粉引たわみ鉢 M ¥4,500  W19×D17×H7cm
 



・粉引たわみ鉢 L W21.5×D19×H7.5cm
 


4~6人でいただくなら、このサイズとても重宝すると思います。
大きいとやはり重さが気になるところ。
大丈夫です。
手に持っていただいた方は皆さん、意外に軽いんですね!と。
「重い・軽い」それだけで、良し悪しを判断することはできませんが
食器として言えるのは。。重みのバランスがとれているかどうかという点だと思っています。
見た目以上に嫌な重みを感じるものは、やはりバランスが悪い。
逆に、見た目以上に軽く感じ過ぎるものも、扱う時に緊張を強いられます。

実際、計量してみると重さはあるのに、手にするとほどよく軽く感じられる器。
それは、やはり作り手の技であり、しかもそれが器の姿にも反映されていると思うのです。

・粉引8寸丸鉢  ¥8,000 Φ24×H7cm

*光藤佐さんの器、オンラインショップはこちらからどうぞ→☆
(こちら以外にも届いている光藤さんの作品、随時UPしてまいります。もうしばらくお待ちくださいませ。)

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

☆個展開催のお知らせ

余宮隆 陶展
・会期   2018年1月27日(土)-2月4日(日) (会期中無休)
・営業時間 AM:11:00-PM7:00
・場所   うつわSouSou 
*1月27日(日)/28日(日)は余宮さん、在店してくださいます。
*個展会期中は、誠に申し訳ございませんが
 ご来店いただいたお客様を優先させていただきます。
 出展作品のご注文・ご予約、出展作品の種類、在庫点数の確認 など
 
メール・電話でのお問い合わせはお受けできません。

 どうか、ご理解いただけますようお願いいたします。

*通信販売をご希望のお客様には、会期終了後に対応させていただきます。

 

うつわSouSou | 2018年01月14日 (日) | CATEGORY : 光藤佐 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2017.12.28
小関康子:作品3

*年末年始の休業日
12月31日(日)~1月5日(金) お休みします。

・年始の営業日
1月6日(土)11:00-19:00
1月7日(日)11:00-19:00
1月8日(月)11:00-19:00
1月9日(火)休み
*通常は月曜が定休日と なっております。

店休中の出荷、お問い合わせ等もお休みさせていただきます。
店休中のお問い合わせ等には、年明けの営業開始日1月6日(土)より
対応させていただきます。
よろしくお願いいたします。
 

小関康子さんの器。

縦横縦横、、この細かな装飾すべて、針で彫られているのです。

食器棚にしまわず、普段は果物などをいれるコンポートとして
飾っていただいても素敵かと。。
また、エアープランツやドライの花材も似合います。

アスパラ、レタス、スナップエンドウ・・
グリーンだけのサラダも、抜群に美しくみえることでしょう!

・文様平鉢 約Φ25×H7cm

 

・注器D 真鍮取手付
W15(注ぎ口含む最大幅)×H20(取っ手含む最大の高さ)
H9.5(本体の高さ)cm 容量:8分目で約440cc

・注器A 真鍮取手付
W15(注ぎ口含む最大幅)×H20(取っ手含む最大の高さ)
H9.5(本体の高さ)cm 容量:8分目で約440cc


以前、小関さんがSouSouに来店してくださった時
店主の淹れる珈琲が印象に残ったのだそうです。
今回、そのことを思い出してくださって!!
素敵なドリッパーポットをたくさん届けてくださいました!


こちらは、ポットの中にドリッパーが入った、ドリッパーインのコーヒーポットです。

・2トーン ドリッパー&ポット
W14.5(注ぎ口含む最大幅)×H10.5
H15(高さ)cm 容量:約400cc(ドリップ容量)


こちらは、蓋付きタイプ。
2杯目もあったかくいただけますよ。

しかも、蓋をはずさずに注げる仕様になっています。

・線刻ストライプ ドリッパー&蓋付ポット
ポット:W12(注ぎ口含む最大幅)×D9.5×H13 ドリッパー:Φ12×H8.5cm
容量:約430cc(8分目)



最初に試作したものを小関さんご自身が使ってみて
「使いやすい」と感じ、さらにサイズや加飾を考慮し、制作されたもの。
ならば!と
目を惹くこの器、実際試してみました。
はい。驚きの使い勝手の良さです!

写真はグリーンカレー。
エスニックな料理とこの象嵌の加飾も相性抜群。
「丼」「ボウル」など深い形の器は、少し覗きこむようになりがちですが
縁を楕円になるように切り取ることで
ふわりと開放的な印象になり、とても軽やか。
丼ものの概念が変わります!
・オーバルボウル W19.5×D16×H8.5cm

*小関康子さんの作品、オンラインショップはこちらからどうぞ→☆

* Instagram →  うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz

うつわSouSou | 2017年12月28日 (木) | CATEGORY : 小関康子 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2017.12.22
稲村真耶:白磁印刻皿・鉢


白磁印刻の器。
3寸・4寸・5寸皿。 4寸・5寸鉢。 5種類それぞれ、少しずつ文様が違うのです。


スープに良さそうなサイズでしたので、まずは南瓜ポタージュを。 



柿をお料理に。
果物としての味を楽しむというより、ほんのり自然な甘みを足すイメージでとお料理教室で習いました。
なので、サラダに。
蕪と柿と春菊、シャクシャクしていくらでも食べれます。

・白磁印刻菊文5寸鉢  ¥4,000 (税抜) Φ15.8×H5cm




・白磁印刻菊文4寸鉢 ¥2,400 (税抜) Φ12.3×H4.7cm



3寸・4寸・5寸のお皿。


白磁なので、シミも気にしなくて大丈夫です。
お醤油やオイル類、薬味にもどうぞ。

お醤油と胡椒ポン酢。お刺身用です。

・白磁印刻菊文3寸皿  ¥1,800 (税抜) Φ9.3×H2.8cm


ひじき煮や人参ナムル、きんぴらなど常備菜に。
ほどよく深さもある4寸サイズ。
たくさん人が集まる時には、これも十分取り皿として活躍してくれます。
最後にちょこっとだけデザートもOK。
和でも洋でも似合うのがこの印刻文様なのです。

・白磁印刻菊文4寸皿  ¥2,400 (税抜) Φ12.5×H3.3cm





・白磁印刻菊文5寸皿  ¥2,700 (税抜) Φ15.3×H3.8cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ→☆

稲村真耶
1984年 愛知県常滑生まれ
2003年 愛知県立常滑高等学校 セラミック科卒業
2005年 愛知県瀬戸窯業高等学校 陶芸専攻科修了
      陶芸家 藤塚光男氏に師事
2009年 京都鳴滝にて開窯
2010年 比叡坂本に築窯

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2017年12月22日 (金) | CATEGORY : 稲村真耶 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2017.12.15
蜂谷隆之:漆と錫の長角お重


木地に科の木を使い制作。
地の粉(焼成珪藻土)を漆に混ぜて作られる硬質なテクスチャ。
少し離れた場所から眺めてみると、モダンな近代建築のように見えます。
「屋根のひさしもちゃんとあって、家の形になっているんです。」
蜂谷さんに伺ってみると、やはり「建物」からデザインされたのだそうです。
蓋の上面は五角に面がとられ、見る角度によって様々な陰影を作ります。
お重として蓋をしている時は、シックで慎ましやかな印象。
ですが、蓋を開けてみると。。。
深みのあるマットな朱とシルバーの絶妙なコントラストに
驚かれることでしょう!!
刷毛のあとが少しのこるほどに漆を塗った後、錫を蒔き
さらに漆を塗り重ねていくことで生まれる表情豊かな銀色。
和洋を問わず、どうぞお楽しみくださいませ。
・長角三段重 朱 
W31×D18×H22cm(*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)

 


・長角二段重 朱
W31×D18×H15cm (*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)

*長角2段重と3段重朱 /蓋裏部分と内側部分 錫とのコントラストが美しい↓

お正月のお節。

まだまだ、お重に詰めていく作業も慣れていないので、小さなぐい呑みや豆鉢をいろいろ使っています。
こんなふうに試行錯誤しながら、少しずつコツをつかみ
ある時ふと!新たな使い方を発見して嬉しくなる。
そういう出会いが、このお重を使う楽しみのひとつにもなっています。



お重のサイズに合わせて切った葉ランで仕切りを作ります。
形が崩れにくいものから盛ると良いらしいのですが、、、
頭で想像しているより、実際はもっともっと難しい。
それでも、ちょっとずつ箱の中が埋まっていくと、たまらなくワクワクしてきます。


鍋料理にも活躍。


鮮やかなサンドイッチ・おにぎり等もギュギュと詰めれば、カジュアルな装いになります。
お正月の前、クリスマスにはローストビーフを野菜と一緒に盛るのも素敵だと思いますよ。


 

長角2段重と3段重黒 /蓋裏部分と内側部分の錫の色↑



・長角三段重 黒
W31×D18×H22cm(*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)



・長角二段重 黒 
W31×D18×H15cm (*1段分の高さ 外側:7cm/内側:5cm)

蜂谷隆之
シンプルなデザインで上質な漆器を制作されています。
「お料理を盛る、洗う、拭きあげる。」
これを繰り返すうち、漆独特の透明感のある艶が増してきます。
ゆっくりと年月をかけて育っていく器は
やがて宝物のような存在になっていることでしょう。
1970年 神奈川県横浜市生まれ
1993年 輪島 瀬戸国勝氏に師事
       宮口一男氏に師事
2003年 千葉県栄町にて独立
2006年 栃木県益子に移住

蜂谷さんの漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
 油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

*蜂谷隆之さんの器 Onlin shop はコチラ

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

 

うつわSouSou | 2017年12月15日 (金) | CATEGORY : 蜂谷隆之 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2017.12.13
蜂谷隆之:漆皮茶托に霧の森大福


牛床材を型に張り付けて成形し、漆を塗り重ね仕上げたもの。
軽くて、しかも丈夫。
もともと素材が革なので、均一ではない個々の表情に面白味があります。
さらに、木製とも金属製とも違う感触もまた不思議。
湯呑やグラスを置くと、その柔らかなアタリの良さに驚かれることと思います。
また漆は撥水しますので、お椀などと同じように水洗い可能。
ということは!
茶托以外に、直接お菓子などのせていただいても素敵なのです!!


・漆皮茶托 朱 ¥4,000 (taxin ¥4,320) Φ10.5×H0.8cm


・漆皮茶托 黒 ¥4,000 (taxin ¥4,320) Φ10.5×H0.8cm

*牛床材とは。
牛革は「銀面革」と「牛床革」の2種類に分けられます。
「銀面革」とは牛の革の一番上層部分で
その下の2層目にあるのが牛床革(ぎゅうとこがわ)と呼ばれています。
肌触りがやわらかく、肉厚もあり丈夫という特徴もあります。

*蜂谷さんの漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

*蜂谷隆之さんの器 Onlin shop はコチラ

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book    → うつわ SouSou
* HP(URL)     →  http://sousou.biz

うつわSouSou | 2017年12月13日 (水) | CATEGORY : 蜂谷隆之 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)