お料理を盛って

2019.6.6
早崎志保:個展作品オンラインショップはじまります。

*お知らせ
入荷情報をご覧いただいているお客様へ。
大変お待たせいたしました。
本日:2019年6月6日(木)22時 より早崎志保さんの個展作品を
オンラインショップにアップいたします。

作品一覧ページ内:左欄 → 作家名から探す→・早崎志保個展作品
よりご覧になってください。↓
http://utsuwasousou.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1514010&sort=n

6日(木)22時になりますと、作品がアップされます。
それまでは掲載されておりません。 ご了承くださいませ。

2002年の事だったでしょうか。
陶芸家との打ち合わせのため、愛知県を訪れた時のこと。
新世紀工芸館で偶然目にしたのが、早崎志保さんの作品でした。
模様も色も無いシンプルなそのグラスは
揺れる水面が一瞬、静止したかのような不思議な魅力にあふれていました。

SouSouはオープンしたばかり
早崎さんもまだガラス工房にお勤めしながら作家活動を始めた頃。
時を同じくしてスタートしたこともあり
「制作をする」「お客様にお届けする」という
お互いの立場で素直に作品についての意見を交わしてきました。
そうして、、、SouSouでは定番となった器も少なくありません。

そのひとつが「てんてん星」シリーズ。
吹き竿に取り出したガラスに真鍮線を巻き
もう一度、ガラスを巻きます。
ガラスに溶け込んだ真鍮が粒となり
夜空にきらめく星のようにみえることから名づけられました。
制作からもう14 , 5年。。早崎さんの代名詞のような作品でもあります。



・てんてん星の花入 


・銀の景色 三つ脚プレート 約Φ28×h1cm
気泡入りのガラスに蓮の切り絵の組み合わせ。
こちらは早崎志保さんのフュージング作品となります。
2枚の板ガラスの間に銀箔の切り絵を挟み、溶着したもの。
高台代わりの三つ足で両手で容易に持ちあがります。
 


・てんてん星のそば猪口


・てんてん星の丸グラス


・てんてん星のビアグラス 


・てんてん星のちび片口 約D6×W8.5×h6cm 容量:8分目で120cc
ミルクやシロップ、ビネガーにオイル。
ちょっとつぎ足したい時に便利なピッチャー。
ガラスは、匂いや汚れを洗剤で簡単に落とすことができるのも嬉しいところ。
鰹のタタキにポン酢、サラダ用のドレッシング、パスタの仕上げ用チーズ。
いただく直前にかけたい時がありますよね。
そういう時にも重宝してくれます。
このちょっとしたひと手間が
テーブルを素敵にみせてくれるコツなのかもしれませんね。
 


・てんてん星の四角鉢


・てんてん星の花バケツ


・蓮葉の広口小鉢 Φ12.7~13×H6.5~6.8cm

「蓮は泥より出でて泥に染まらず」
言葉とともに蓮から連想されるものは、清らかであり、崇高であり、美しい情景。
そんな蓮をイメージした早崎志保さんの小鉢。
白い模様を入れたガラスに色を重ねて、溶かし、また重ね
水彩画のような優しいグラデーションを作っています。
アイスやフルーツ、エスニック風のデザートや春雨サラダ
海老アボカドマヨネーズなどイメージが広がります。


・てんてん星の片口


・てんてん星のリキュールグラス 約Φ7×h10.5~11cm 容量:8分目で100cc
日本酒や梅酒にどうぞ。
 


・てんてん星のカクグラス オリーブ 約Φ9~9.5×h7~8cm


・てんてん星のカクグラス グレー 約Φ9~9.5×h7~8cm
新作の角型、カクグラス。 
オリーブ・グレーの2色、スモーキーな色はグラスをぐんと大人顔にしてくれます。
お酒を飲む方もそうでない方も!
氷を入れてカランコロンと音をたててみたくなるグラス。



・宝物入れA 
ガラス部:約Φ7.5×h7cm 蓋(真鍮):約Φ8×h0.7cm
早崎さん自作の真鍮蓋つき〈 宝物入れ 〉
蓋のつまみを無くした今回のデザインは、蓋を下におき
ガラス部分をドームのようにかぶせて飾れるように考えられらたもの。
ドライフルーツやナッツ、砂糖をいれたり。
アクセサリーや鉱石を置いてみたり。
「何もいれない。」これもひとつの楽しみ方です!


・宝物入れA


・てんてん星の台形ボウル  約Φ17~18.5×h7.5~8.5cm
見た目以上にたっぷり入る筒型。
サラダは空気も一緒に含ませるようなイメージで!
2~3束分ほどのお素麺用にもどうぞ。



・てんてん星のお水グラス


・てんてん星のちびピッチャー 約D6×W9.5×h8.5cm 容量:8分目で150cc
手のひらにのるほどのサイズなので
食卓でお花を飾っても素敵です。

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz  

うつわSouSou | 2019年06月06日 (木) | CATEGORY : 早崎志保 お料理を盛って 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2019.4.11
大沼道行:オンラインショップ 4/12(fri) 22:00よりスタート

*お知らせ
入荷情報をご覧いただいているお客様へ。
明日:2019年4月12日(金)22時 より大沼道行さんの個展作品を
オンラインショップにアップいたします。

作品一覧ページ内:左欄 → 作家名から探す→・大沼道行個展作品
よりご覧になってください。↓
https://utsuwasousou.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1513974&sort=n

12日(金)22時になりますと、作品がアップされます。
それまでは掲載されておりません。 ご了承くださいませ。















YAMATOYABAKE.さんのお料理を大沼さんの器に。
デモンストレーションの様子。 








* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz  

うつわSouSou | 2019年04月11日 (木) | CATEGORY : 大沼道行 お料理を盛って お知らせ 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2019.3.29
大沼道行 個展明日より。


大沼道行 個展
2019年3月30日(土)-4月7日(日)
open 11:00- close 19:00
*3月30日(土)・31日(日) 作家在店


3月31日(日)開催イベント
・AM 11:00 ~  YAMATOYABAKE.  天然酵母のパンと焼き菓子の販売 

・PM 1:00 ~  パンと料理とうつわ
パンだけでなく、お料理も上手なYAMATOYABAKE.さん。
さらりとかっこよく器に盛るセンスにいつも素敵だなあと思われていた方も多いことでしょう。
今回は大沼さんの器を使って、いつものように、、さりげない感じで
お料理を盛っていただきます。 

*個展会期中は、誠に申し訳ございませんが
ご来店いただいたお客様を優先させていただきます。
出展作品のご予約注文はお受けできません。
個展ギリギリまで、作品制作・内容構成、・検品など
すべて作家さんおひとりで準備されていますので
出展作品の内容、届けていただける点数などのお問い合わせに
おこたえするのは難しいということを どうかご理解いただけますでしょうか。 
出展される作品に期待をこめてお待ちいただけると、幸いです。。

*通信販売をご希望のお客様には、会期終了後に対応させていただきます。 

* Instagram   → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz

 

うつわSouSou | 2019年03月29日 (金) | CATEGORY : 大沼道行 お料理を盛って 2019年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2019.1.16
稲村真耶 白磁・染付・ルリ釉のうつわ

おでんやお出汁多めの煮物などにぴったり。
見た目が地味な!?おかずも、瑠璃色とこの艶感で華やかになります。
見込も広くとられているので、ひとり分のお刺身などものせることができます。
5.5寸。ありそうで、、なかなか見つからないサイズ感と形でもあります。

・ルリ釉2段シノギ5.5寸鉢 Φ17.8×H6cm

磁器土にほんの少し陶土を加えることで、青みを帯びてきます。
さらに、陶土に含まれる小さな石のあとや鉄点もあらわれます。
張りつめた白磁とも違う、柔らかい表情をした稲村さんの磁器。
丈夫であり、お手持ちの陶器やガラスの器ともしっくり馴染みます。
日々自然と手に取っている、そんな器量の良さが魅力的です。

・桃と鳥文四角皿 W22×D22×H3.3cm

縁起の良い「福」文字をうつしとった小皿。
白磁なので、シミも気にしなくて大丈夫です。
お醤油やオイル類、薬味にもどうぞ。

・白磁福字文角豆皿 W9.5×D9.5×H2.5cm


・花文四角小皿 W12.5×D12.5×H2.5cm


・白磁印刻菊文6.5寸鉢 Φ20.5×H5.5cm

お米が大好きなのですが
その上にご飯のお供をのせていただくのはもっと大好物です。
写真は「からすみと豆ごはん」
さらさらっとお茶漬にもどうぞ。
たっぷり食べたい男性用の飯碗にも良いサイズかと思います。

・ルリ釉小丼 Φ15×H6.5cm


・ルリ釉輪花4寸鉢 Φ12.5×H5.5cm

隅切の長皿。
まずはお料理やお菓子を、並べてみてください。
それだけで十分素敵にみせてくれる器です。
旬の頃には、秋刀魚皿にどうぞ。

・ルリ釉長々皿 W33×D10.8×H2.5cm

フランスの古い前菜皿をモチーフに作られた楕円皿。
形の面白いお皿が1枚あるとテーブルのアクセントになります。
エスカベッシュ、カットした苺とキウイ、小さなケーキにも。

・白磁楕円深皿 W20.5×D12.5×H3.5c

見込にひとつ、柏葉文。
極めてシンプルな蕎麦猪口です。
色柄様々な文様、もしくはまったくの無地、土肌を楽しむ陶器
そのようなものを日々見ているからでしょうか、、
見れば見るほど新鮮にうつり、ほほう~と惹かれていくのが分かりました。
お茶をいれるとほんのり透かして文様が見え、にんまりしています。

・柏葉文蕎麦猪口 Φ8×H6cm
*容量8分目で約110cc


・月光釉ミルクピッチャー W10×D6.5×H6cm
*容量8分目で約80cc

型で作る干菓子の落雁にも似た箸置。
こんなに小さな作品にも、稲村さんらしさが満載されています。
お箸をのせた時、上品に見せてくれます。

・のし文箸置き W6.5×D1.5×H1.3cm


・白磁箸置き W6.5×D1.5×H1.3cm

*稲村真耶さんの器 オンラインショップはこちらからどうぞ

うつわSouSou | 2019年01月16日 (水) | CATEGORY : 稲村真耶 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2018.12.24
野村亜矢:土鍋



・オーバル土鍋21B 2~3人用
本体 32×22.8×H9.5cm *蓋をした時の高さ:16cm
内径 22.5×19.3×H7cm *容量:満水で約2000cc

轆轤も型も使わず、土のヒモを繰り返し
つなぎあわせて、かたち作られる土鍋。
通常この技法で鍋を作ると、ずっしりと重くなりがちですが
丁寧な削りを何度も重ねて仕上げていますので
見た目ほどの重量を感じさせません。
内側には緩やかなカーブがつくられ、食べる時も洗う時も扱いやすく
底部分はやや厚めになっていますので、安心感もあります。

そして。
ちょっと特別扱いしたくなるのがオーバルという形。
鶏の水炊きや寄せ鍋などの定番料理の他
ポトフやトマト煮込みなど洋風の鍋料理も抜群に似合います。
さらに扱いに慣れてくるとおすすめなのが、土鍋ご飯。
白米や雑穀米、炊き込みご飯など
食卓でよそってみてくださいませ。
この土鍋につやっつやっのご飯、何よりもご馳走ですから!

土鍋は通常の金属鍋より厚みがあるため
加熱する時はゆっくりと温まっていきます。
ぐつぐつし過ぎない温度でゆっくりと食材に火が通ることで
うまみ成分もしっかり引き出すことができるのです。
なので、調理鍋としても優秀。
我が家では鶏飯や茹で鶏、茹で豚などにも使っています。

土鍋の特徴である高い保温性のおかげで
一度温度が上がると、熱が逃げにくくなっています。 
なので時間をきっちりはかり、火を止めます。
そうすることで火の通り具合も絶妙!スープも濁りません。
茹でたあとにできる極上スープは、次の日の麺料理に。
これまた格別!



・オーバル土鍋21A  2~3人用
本体 32.5×23.5×H9cm  *蓋をした時の高さ:16cm
内径 23×19.8×H7cm     *容量:満水で約2000cc
 


・オーバル土鍋23D  2~4人用
本体 34×24×H10.3cm *蓋をした時の高さ:17cm
内径 23.8×20.8×H8cm *容量:満水で約2600cc



・オーバル土鍋23A  2~4人用
本体 34.8×24.5×H10.5cm *蓋をした時の高さ:16.8cm
内径 24×20.5×H8cm   *容量:満水で約2600cc

*土鍋23と土鍋21のサイズ差。

*野村亜矢さんの作品オンラインショップはこちらからどうぞ。

* Instagram  → うつわ SouSou
* Face book  → うつわ SouSou
* HP(URL)    → http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年12月24日 (月) | CATEGORY : 野村亜矢 お料理を盛って お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)
1 / 1212345...10...最後 »