2018年9月

2018.9.15
角掛政志:注ぐ器。耐火土瓶・ポット・醤油差し


古くから窯業地として知られている愛知県常滑市。
港から続く昔ながらの細い道路の奥に角掛さんの工房はあります。


伺ったのは4月。春ですか、まだ少し肌寒さも残る頃で
工房内ではストーブがたかれていました。
「ま、こちらへどうぞ」とおっしゃられて、作業場にあるテーブルにつくと
目の前にとんと置かれたのがこちら。
え、これは? 

ストーブにかけられていたのは、この大きな土瓶だったようです。
トクトクと注がれる姿もおおらかで、見ていても温かな気持ちにさせてくれます。
何より、、土瓶で煎じられたお茶のまろやかなこと!! 
一目、ひと口で!土瓶好きになってしまいました。


昔から常滑で製造されていた急須に土瓶。
角掛さんの手に掛かるとこんなにもモダンなデザインに。
取手の金属部分も木製部分もすべて角掛さんのお手製です。

・耐火土瓶A W20(注ぎ口を含む)×D16×H14cm (取っ手を含む高さ:22.5cm)
*容量:8分目で約660cc



・耐火土瓶B W20(注ぎ口を含む)×D16×H14cm (取っ手を含む高さ:22.5cm)
*容量:8分目で約660cc


我が家では角掛さんのポット、ふたつ愛用中です。
ひとつは珈琲を淹れるために、もうひとつは緑茶やほうじ茶用に。

茶漉しの穴もかさつくことなく、丁寧に作られていますので茶葉がひっかからず、とても洗いやすくなっています。
さらに蓋にも使い手に優しい工夫が。
蓋の下部分、本体と合わさるところは長めに作ってあるので、注ぐ時にしっかりと安定させることができます。
そしてもうひとつ大事なこと。
毎回届けられるポット、定番ではあるのですが、少しーずつ形が違っています。
蓋につまみがあったり、なかったり。丸みを帯びていたり、シュッとした印象だったり。

けれど基本的なところは全部共通しています。
「細部までこだわりがあり、水キレもよく、形も美しい。」
それが、角掛政志さんの作るテッパンのポット。

今回ご覧いただいて「これだ!」と思われた方は是非どうぞ。
・鉄釉ポット 大 W18(注ぎ口と取っ手を含む)×D12.5×H11.5cm
*容量:8分目で約670cc ほど(写真右)
・鉄釉ポット小 W15.5(注ぎ口と取っ手を含む)×D11×H10cm
*容量:8分目で約430cc ほど(写真左)


・艶黒釉醤油さしA 容量:8分目で70cc
醤油さし:W7.8(注ぎ口を含む)×D5.8×H8cm
受け皿:Φ9×H1cm


・艶黒釉醤油さしB 容量:8分目で70cc
醤油さし:W7.5~8.5(注ぎ口を含む) × D5.5~6 × H8.5cm
受け皿:Φ8.5×H1~1.5cm

角掛政志さんオンラインショップはコチラ

*お知らせ
9月30日(日)11:00 より!!
福岡で制作されているnuriさんのキャンドルを販売いたします!
いつもは12月でしたが、、今回はちょっと早めに届けてくださいます。
前回、手に入れられなかった皆さま、どうぞこの機会をお見逃しなく!!
秋の夜に心地よい香りと優しい灯りで癒されてくださいませ。


さらに同時開催イベントとして YAMATOYA BAKE.さんの
天然酵母のパンと焼き菓子も販売決定!
こちらも9月30日(日)11:00スタート。

* Instagram   →    うつわ SouSou
* Face book   →   うつわ SouSou
* HP(URL)     →   http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年09月15日 (土) | CATEGORY : 角掛政志 お料理道具 2018年 個展・企画展TRACKBACKS : (0)

2018.9.11
角掛政志 粉引・鉄釉の器

常滑の角掛政志さんから、使い心地の良さそうな器いろいろ届いています。
まずは。。

ぽってりとした粉引のシチュー鉢。パスタにカレーにもどうぞ。
・粉引シチュー鉢 Φ21×H5.5cm


料理上手なスタッフが「これ、すごく使えます!」とススメてくれた器。
お醤油、トマトソース、薬味だれなどをかけていただくものもおさまりが良いのだそうです。
もちろん、ケーキやフルーツのお皿にもぴったり。
・粉引楕円皿 W17.5×D12.5×H2.5cm 


台形型の粉引と鉄釉のボウル。
鯵や鯛をお醤油・酒・みりん・卵で漬けたものを薬味と一緒に炊きたてのご飯にのせる。
愛媛で「ひゅうが飯」と呼ばれているものです。
通常の丼ぶりだとこの具量に対して、ご飯がどうしても多く入り過ぎてしまい
みばえよく盛りづらいのが、いつも気になるところでした。
でもこの口縁に向かって軽く開いている形状だとご飯1膳ほどで
とてもバランスよく盛ることができます。
また軽めのにゅう麺や具だくさんのお汁物も、ちょっと雰囲気を変えていただけそうです。
・鉄釉台形ボウル 小  Φ12.5~13×H8.2~8.7cm
・粉引台形ボウル 小  Φ12.8×H8.5cm


 
 

粉引・鉄釉の丼。
ご飯ものの丼・おうどん、ラーメンも入るサイズ。
1人暮らし、2人暮らしをはじめられた方が「すぐに使いたい」とおっしゃられて、買い揃えられる器です。


・鉄釉丼 Φ15.5~16×H9~9.5cm



・粉引丼 Φ14.5×H10cm


形・質感・色み・細部の仕上げなど、毎回少しずつ変化があるオセロマグ。
今回届いたのは写真のものになります。
気持ち良く轆轤を挽いて、その延長でちょっと試してみたいことをあれこれ、、。
同じもので同じではない、角掛さんの器。
そうなんです、作るたびに前回とまったく同じものである必要なんてありません。
焼き物ですから、新たな試みをもっともっと面白がって楽しんでみてくださいませ!
・オセロマグ W10~11(取っ手を含む)×D7~8×H8cm


蕎麦猪口の中でも目をひく、垂直に立ちあがった筒型。
手の中におさまるやや小ぶりのサイズです。
・粉引面取猪口 Φ7.5×H6cm


・艶黒C&S


*C&Sいろいろ。 *容量は8分目で約120ccほど。

角掛政志さんオンラインショップはコチラ

* Instagram   →    うつわ SouSou
* Face book   →   うつわ SouSou
* HP(URL)     →   http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年09月11日 (火) | CATEGORY : 角掛政志 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)

2018.9.2
田澤祐介:木の器 漆の器







・B5隅切皿 鉄黒 オイル仕上げ W25.5×D18×H1.5cm



・5寸八角皿 サクラ W15×D15×H1.5cm


朝起きてすぐ、珈琲を淹れます。
これだけは毎日のことなので最短時間で準備し、片付けもできるよう
珈琲道具一式、お盆の上に。

くり抜いた酌の部分に柄が差し込んであります。
その時、酌と柄はほんの少しだけ角度がつけられているのがお分かりいただけますでしょうか。
本体に差すとき収まりやすく、また豆もすくいやすい!

容量はコーヒー豆、約100gほど。
しばらく使っているとコーヒー豆の油分でいい艶感いい色に変わってきます。



・コーヒーキャニスターセット
W10×D8.3×H11.5cm *サクラ材

*木の器について
電子レンジ、食器洗浄機、熱湯、漂白剤など使用不可。
水などでの浸けおき洗いはお避け下さい。
手や柔らかいスポンジで優しく洗ってください。
洗った後は、すぐに水分を拭き取って乾かしてください。
木肌が白くなってきた場合はエゴマ油を布にとり、木肌に塗り、拭きあげて下さい。





・2合平片口 蒔地漆 透白
W14.5(注ぎ口を含む)×D11.5×H5.8cm 容量:8分目で280cc



・蒔地漆 丸盆 円楼型 透白 Φ31×H3.8cm
尺サイズの円楼型 丸盆。
漆を塗り、珪藻土の粉を蒔きつけることによって(蒔地漆)
丈夫な漆器になっています。
独特なテクスチャー、デザインにより用途が広がります。

漆器:ご使用方法について
・漆製品は抗菌作用がありますので水洗いか、ぬるま湯で洗っていただくので十分です。
油汚れ等、落ちにくい汚れがある場合は柔らかいスポンジと中性洗剤で洗ってください。
・洗った後は、柔らかい布で拭きあげてください。
・直火、電子レンジ、オーブン、食器洗浄・乾燥器でのご使用はしないでください。

田澤祐介さんの作品オンラインショップはコチラ

田澤祐介
1970 神奈川県横浜市生
1989 神奈川県立清水ヶ丘高校卒業
1993 新潟大学農学部林学科卒業
1995 新潟大学大学院農学研究科林学専攻修了
   自然環境/動植物調査を行う建設コンサルタント会社に就職。
2002 岐阜県高山市の森林たくみ塾に入塾、木工を学ぶ。
2004 たくみ塾卒塾
   インテリアショップ付属の家具工房での製作業務
   中古北欧家具を扱う店での修理・接客業務に従事。
2006 神奈川県海老名市でフォレストファクトリー木工舎開設 。
2010 森想木工舎としての活動を開始。

* Instagram   →    うつわ SouSou
* Face book   →   うつわ SouSou
* HP(URL)     →   http://sousou.biz

うつわSouSou | 2018年09月02日 (日) | CATEGORY : 田澤祐介 お料理を盛ってTRACKBACKS : (0)