トップ > イベント/お知らせ

イベント/お知らせ

酒器と土味のうつわ展                   2015年2月21日(土)ー3月8日(日)

dm_omote

お酒にまつわる名言には屁理屈も多い。

だからというわけじゃないけれど

酒器も肴の器も

もっともっと我がままでいいと思っている。

もともと、嗜好性の高い世界。

お酒を呑む人も そうでない人も

酒器というくくりを超えて焼物の奥深さを

愉しんでみてはいかがでしょう。

‐参加作家-

木村勲(埼玉)

鶴野啓司(栃木)

松村英治(愛知)

*2月20日(金) 準備の為 お休み

 

2015年 イベント スケジュール

今年のイベント予定です。

詳細は随時アップいたします。

若干スケジュールが変更になる場合もあります。

ご了承くださいませ。

DSC_0003w

・酒器と土味のうつわ展  2月21日(土曜日)- 3月8日(日曜日)

参加作家 : 木村勲(埼玉) 鶴野啓司(栃木) 松村英治(愛知)

 

・安部 太一 陶展  4月25日(土曜日)- 5月6日(水曜日)

 

・小関 康子 qan:savi   5月30日(土曜日)- 6月7日(日曜日)

 

・夏展  7月18日(土曜日)- 8月9日(日曜日)

 

・田鶴濱 守人 陶展 10月3日(土曜日)- 12日(月曜日)

 

・Livingstone 展  11月14日(土曜日)- 23日(月曜日)

 

・オクリモノ展  12月5日(土曜日)- 25日(金曜日)

 

うつわSouSou 年末年始の営業日

DSC_0029

本年も大変お世話になり誠にありがとうございます。

年末年始の営業日は以下のようになっております。

・12月29日(月曜日) 定休日

12月30日(火曜日) 営業

お正月休み 12月31日(水曜日)ー1月3日(土曜日)

新年は 1月4日(日曜日) 11時より OPEN いたします。 

あたらしい年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

オクリモノ展 2014年12月6日(土)‐25日(木)

dsc_0087 dsc_0106 dsc_0231

SouSou 年末恒例 お楽しみ企画 「 オクリモノ展 」

今年も始まります!!

参加作家

・nuri  キャンドル(京都)

・杉尾信康 陶 (宮崎)

・Freak made. 帆布BAG  (愛媛)

・田澤 裕介 木工/漆器 (神奈川)

 

 

「 素 」 2014年11月22日(土)-30日(日)

????????

 

生活で使うあらゆるものが何らかの素材でできている。

けれど素材そのものを強く意識させるものは

日常の中にそう多くはない。

木 ・ 硝子 ・ 土 。

それぞれの素材がもっている持ち味でありまた癖のようなもの。

それらを力任せに変えるのではなく

デコラティブに付け加えるのでもなく

素材に導かれるようにものをつくる。

作り手がなぜその素材を選んだのか。

作品を見て、触って、使うことでその答えが見つかるような気がする。

 

ー参加作家ー

木 :杉村 徹    (茨城)

陶 :田鶴濱 守人 (愛知)

硝子 :能登 朝奈 (福島)

 

 

 

 

余宮 隆 陶展 2014年9月20日(土)- 28日(日)

1408_dm_omote

焼き物を仕事としている人達からよく聞く言葉がある。

「作ったもんを見れば、その人が見えてくる。」

その言葉を借りると個展というものは

実にドラマチックな場でもある。

注文ではなく、本人が作りたいものを・・・

見てほしいものを・・・

選んで出展しているのだから。

その時の自分をまるまるさらけだしていることになる。

少々恥ずかしい部分もあるに違いない。

けれど器を見る側、使う側にとっては

作り手の「素」の部分を垣間見れるという

この上なく楽しめる機会でもある。

賞賛も批判も作り手にとっては

ある意味モチベーションのひとつになっているはず。

大いに期待して今個展を楽しみたい。

 

*9月20日(土)・21日(日) 作家在廊

 

 

 

夏器 2014年7月19日(土)-8月10日(日)

????????

「 ナツ ウツワ 」

梅雨が明けると見えるものすべて

鮮やかに変わるこの季節に

色のあるガラス・碧いプレート・大胆な花唐草文様

想像膨らむ「 夏 器 」

ひんやり、あっさり時々スパイシー

食欲を刺激するのは食べ物だけではなさそうだ。。。

‐参加作家‐

・サブロウ(富山)

・星耕硝子(秋田)

・早崎志保(愛知)

・山田義力(沖縄)

・眞喜屋修(沖縄)

 

川口 武亮 陶展 2014年5月31日(土)-6月8日(日)

10366187_805129879505287_1691182316028746690_n

三島、灰釉と聞くとまずは和食を連想する。

けれど川口さんの器は使ってみるとすぐに気付く。

そういう枠がないことに。

焼物の仕事に携わるようになった奥様と二人三脚で作る器。

料理を盛って「おいしそう!」と素直に言えるものを二人で見つけていく。

焼物を作ること、器を使うこと。その両方、ともに同時進行している。

*5月31日(土曜日) 作家在廊

「花のある暮らし」  2014年3月21日(金)-30日(日)

1403_dm_omotew.jpg

部屋のあの場所に置いてみたい。

そんな一輪挿しを見つけた。

今日は大好きな花を買って帰ろう。

 

椅子に座り、鋏を手に取る。

流れるのは静かな時間。

 

花のある暮らしが

この小さな花瓶からはじまる。

 

参加作家

鈴木進(静岡)    高田かえ(静岡)

角掛政志(愛知)  野村亜矢(愛知)

 

☆3月22日(土)限定イベント

お気に入りの花器が見つかりましたらお声をかけてください。

花工房Shuさんが似合う花材や生け方のポイントを教えてくれますよ。

 

*会期中無休 20日(木曜日) 準備の為、休み

うつわSouSou facebook はこちらから↓

うつわSouSou facebook はじめました。

 

 

 

杉浦 綾 陶展  2014年2月22日(土)-3月2日(日)

dm_omote1w.jpg

綾さんの作る器は

明るく、頼もしく、そしてキビキビとしている。

キッチンに立つ人も食卓を囲む人も

みんな、朗らかな気持ちに包まれていく。

「はやく食べようよ!」

そんな声が聞こえてくる器なのだ。

 

杉浦綾 陶歴

1972年 新潟県新潟市生まれ

愛媛県立松山東高等学校卒業

東京造形大学 デザイン科卒業

愛知県立瀬戸窯業高校専攻科卒業

2001年 愛媛県砥部町にて開窯

 

*会期中無休  2月21日(金) 準備の為 休み

 

前の10件を表示  1  2  3  4  5  6  7  8