トップ > イベント/お知らせ > 小関康子

イベント/お知らせ

qan:savi 受注販売会                小関康子 陶展                    2015年5月30日(土)-6月7日(日)

 

????????

qan: savi  Order Event / Yasuko Ozeki Ceramics Exhibition

May 30, 2015 (Sat) – June 7 (Sun)

qan:savi 在店日 :5月30日(土)・31日(日)・6月6日(土)・7日(日)

小関康子 在店日  :5月30日(土)・31日(日)

5月29日(金)は準備の為休み。

qan:savi:稲井 浩志   HIROSHI INAI

1970.5.3  香川県高松市生まれ

1989.3     松山北高校卒

1993.3     甲南大学卒

家電販売店、インテリア雑貨ショップの勤務を経て

2009.10   qan:saviとして手縫いで革の作品作りをはじめる

現在、個展や企画展を中心に全国で活動中

 

今展ではqan:saviさんの革のBAGや財布等、作品を展示して

革の色と縫い糸の色の組み合わせをお客様ご自身で選んでオーダーしていただき

制作後、お客様にお渡しするという「受注販売会」となります。

qan:saviさんは上質なイタリアンレザーを素材にBAGや財布などを

ロウ引きの麻糸で手縫いで制作しています。

 ‐作家より‐

自分で使いたいもの、こんなのがあれば良いのにというものをカタチにしています。

パターンを引き、革包丁で裁断し、下処理をして、手縫いで縫い上げ、コバを磨く。

すべての行程を一つ一つ手作業で仕上げています。

自然の中で育まれてきた一枚一枚個性の違う大切な革ですのでその表情を生かしています。  大量に製作はできませんがそれぞれが一点モノという想いで一針一針心を込めて制作しております。

やがて土に還る上質な天然の素材を選び、できるだけその素材を生かすよう過剰に手を加えることなく、何が必要で何が必要でないのかを考え、使う人の所作や佇まいが美しく見え、使うほどに深まるキズや色の変化や光沢などの味わいを想像しつつ、今の気分を大切に「感じるモノ」を作りたいと思っています。

qan:savi HP  http://www.qansavi.com/#id1

Hiroshi Inai , Designer at “qan: savi” Hand-Made Leather Goods Studio

1970.5.3   Born in Takamatsu city, Kagawa Prefecture

1989.3  Graduated from Matsuyama Kita High School

1993.3  Graduated from Konan University

2009.10-current

Worked as an electronics retailer within an interior shop, started creating

hand-made leather goods at qan:savi

Actively doing solo exhibitions all over Japan

- Message from Hiroshi Inai -

I create what I want to use in daily life or what I wish to have.

Making patterns, cutting leathers by knife, doing base preparations, sawing the pieces,

and polishing their edges…I do all of these processes by hand.

I cherish each piece of leather, born from nature, because each one is different,

having its own character.

My hand made leather goods cannot be mass manufactured, because I put my entire heart into each stitch as I pass the needle through the leather, one knit after the other.

I select high quality natural leathers that will eventually return to the soil, not adding anything and keeping them as original as possible, thus taking advantage of the raw material. I consider both what is necessary and unnecessary, imagining how my product will add beauty to its owner when he moves with it, as deeper notes will appear on the leather with the addition of blemishes, color changes or a deepening of the gloss as it is being used.

My motto is: Cherish the Moment and create “Things with Feelings.”

愛知県の小関康子さんからは象嵌や線刻の装飾を施したマグカップや鉢、花器等

200点を展示販売いたします。

小関 康子

1968年 広島市に生まれる
1989
年 名古屋工業大学工学部 社会開発工学科卒業 設計事務所 勤務

1995
年 愛知県窯業高等技術専門校 入校

1996
年 愛知県窯業高等技術専門校 卒業 瀬戸市内にて作陶開始

轆轤を使って成形した器にミシン針を手に持ち、1本1本緻密な線を彫り

その小さな隙間を埋めていく。

半磁器の温かな手触りに象嵌や線刻の繊細な文様。

たくさんの時間を注いで、完成した器は

どの角度から見ても本当に美しい。

Potter : Yasuko Ozeki

1968  Born in Hiroshima

1989  Graduated from Nagoya Institute of Technology,

         Department of Social Development Engineering, worked at a design office

1995  Entered Aichi Ceramics Technical College

1996  Graduated from Aichi Ceramics Technical College,

         started pottery-making in Seto city

Inscribe a single dense line on the vessel using the potter’s wheel,

filling the small gap by adding lines by the needle.

A warm texture of semi-porcelain, with delicate inlaid patterns incised on the surface.

A lot of time was poured into the completion of the vessel.

It is truly beautiful when viewed from any angle.

 

三人展 2013年2月23日(土)-3月3日(日)

 

1302_dm_omote.jpg

白い器に施される三人三様の繊細な装飾。

作り手のディテールへの美意識が新たな魅力を与えていkます。

「シンプル」だけにとどまらない飽くなき挑戦が私達の食卓を

また楽しくさせてくれることと思います。

参加作家

小関康子(愛知)

勝部亮一(愛媛)

川口武亮(佐賀)